地方銀行「コア業務純益」ランキング 最も多い銀行は唯一の700億円超え

印刷
A
A

地銀の「稼ぐ力」を見るうえでコア業務純益は必ずチェックすべき指標だ。地方の資金需要が減る中で収益力強化は急務となっている。

地銀の収益力を見るうえで「コア業務純益」のチェックは欠かせない(編集部撮影)

特集「地方銀行ランキング」の他の記事を読む

金融緩和で低金利が続き収益環境が厳しい地方銀行にとって、「稼ぐ力」をどう高めるかが大きな課題だ。その力を示す指標として重視されるのが「コア業務純益」だ。これは、預金・貸し出し、有価証券利息などの収支である資金利益と法人・個人向けの手数料の収支から成り、銀行本来の業務による収益力を示す。

近年は、一時的な要因で上下しやすい「投信解約益」を除いた数値で比較されることが多い。そこで今回、最新の2020年度決算から地銀100社の「コア業務純益(投信解約益除く)」を抽出し、金額が低い順に並べた。

すべての銀行が黒字となっており、利益が最も大きい横浜銀行は唯一700億円を超している。ワースト1位は福井県の福邦銀行で500万円。2021年1月に福井銀行の子会社となることが発表されており、2行の連携で収益力を高めようとしている。

高齢化や人口減少などから地方の資金需要が減っていく中、地力で稼ぐ力を伸ばしていくのは難しい。収益力を高めるためには、合併、統合や業務提携によるテコ入れや経費率の削減が急務となっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
地方銀行ランキング
地銀の「格差」を見分ける3つのポイント
全国100社の最新決算を総まくり
地方銀行、2020年度決算「総合」ランキング
2020年度決算から健全性、収益性、成長性で独自採点
地方銀行「貸出残高増減率」ランキング
最も増やした銀行は22%増
地方銀行「経費率」ランキング
銀行の効率性が一目瞭然
地方銀行「不良債権比率」ランキング
ワースト1位が唯一の10%超え
次なる再編の焦点は「1県3行」エリア
「全国地銀マップ」で読み解く
地方銀行「自己資本比率」ランキング
1位は19.3%、最下位は7.1%
地方銀行「コア業務純益」ランキング
最も多い銀行は唯一の700億円超え
地方銀行「本業利益」ランキング
100社のうち30社が“赤字"
70%台が8人、地銀頭取「支持率」ランキング
株主総会の「賛成率」を総チェック
愛知銀、中京銀のタッグで狙う「県内最強」の試練
名古屋銀行を抜き去り資金量トップに
変わる「東海エリア」地方銀行の序列
愛知銀行と中京銀行が経営統合
3指標で実力診断、地方銀行「総合」ランキング
2021年度の中間決算で独自採点
地方銀行「経費率」ランキングが示す効率性の違い
経費率90%台から40%台まで大きな差
25行が赤字、地方銀行「本業利益」ランキング
独自試算で地銀の収益格差が浮き彫りに
京都銀、海外ファンドから「無視できない」要求
地銀にとって決して他人事ではない株主の動き
きらやか銀行、「3度の公的資金申請」に漂う不安
運用受託で含み損拡大のSBIにも厳しい視線
全国地銀99行「衰弱度」総合ワーストランキング
2021年度決算を基に財務健全度などを徹底分析
企業再生のプロが見た地銀の実情と現場力の欠如
島根銀に異例出向した北門信金・伊藤氏に聞く
徐々にきしみ始めた「第4のメガバンク」構想
地方銀行、頭痛の種となっている「3大リスク」
有価証券の含み損など個別指標をランキング化
青森銀行とみちのく銀行「経営統合」の余波
子会社化した福邦銀に残る根強い「競合意識」
愛知・中京の統合に名古屋銀は静銀提携で対抗
再編の受け皿化に奔走するコンコルディア
第一地銀の「四国アライアンス」が生んだ再編の渦
四国4県の地銀連携に第二地銀と信用金庫が猛追
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内