大成建設の副会長、大和ハウスへ電撃移籍した舞台裏 大手ゼネコンからハウスメーカーへ「異例の転身」

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小

ハウスメーカー最大手・大和ハウス工業の副社長に、スーパーゼネコンである大成建設の副会長が移籍する異例の人事が発表された。その舞台裏とは。

大成建設から大和ハウス工業に移籍した村田誉之氏(67)。建設業界に豊富な人脈を持つと言われる(撮影:田所千代美)

特集「ゼネコン異変」の他の記事を読む

「え、まさか」

5月14日、ハウスメーカー最大手、大和ハウス工業の本社(大阪市北区)にある会議室で、驚きの声があがった。

同社の芳井敬一社長はこの日の役員会で、スーパーゼネコンである大成建設の村田誉之副会長(当時)を6月29日付で大和ハウスの取締役副社長・技術統括本部長として迎え入れると報告した。建築分野で豊富な経験を持つ「大物」の移籍の知らせに、出席した役員の多くが目を丸くした。

【2021年7月19日10時18分追記】初出時の記事の一部に誤りがありました。お詫びの上、表記のように修正いたします。

特に、建築部門のトップである浦川竜哉取締役は、「これは大変なことだ。あらためて気を引き締めて経営にあたらなければ」と漏らしたという。

次ページ異例の転身
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン異変
下請け建設業者が悲鳴をあげている
中小零細業者が直面する現実
小型工事に群がる超大手ゼネコン
迫り来る業績圧迫の足音
「我が世の春」は終わった
データ/数字で見る建設業の歴史
村上ファンドがやってきた
アクティビストに怯えるゼネコン
ゼネコン再編「3つのシナリオ」
内向き体質は変わるのか
これが次に狙われるゼネコンだ
「割安ゼネコン」ランキング
村上系ファンドと西松建設「株買い増し」で緊迫の攻防戦
モノ言う株主対策で打ち出した「ある奇策」
2021年最新版!「超割安ゼネコン」ランキング
アクティビストに狙われやすい銘柄は?
大成建設の副会長、大和ハウスへ電撃移籍した舞台裏
大手ゼネコンからハウスメーカーへ「異例の転身」
大和ハウスが目指す「住宅の心を持ったゼネコン」
インタビュー/大和ハウス工業社長 芳井敬一
「大成がゼネコン再編の先陣を切る」
インタビュー/大成建設社長 相川善郎
建設市場は氷河期だが、ビジネスチャンスもある
インタビュー/前田建設工業専務 岐部一誠
大和ハウス、デジタル化で挑む売上高10兆円の壁
ハウスメーカーの雄は建設業をどう変えるのか
「大成建設ショック」襲来、ゼネコン決算に異変あり
建築、土木事業とも利益率が急降下のなぜ
大林組、利益率急低下を招いた「ある特別な事情」
土木事業の採算が急悪化、工事損失引当金も膨らむ
大林組、日建連「三役」を初めて引き受けた背景
蓮輪賢治社長が日建連の建築本部長に就任
大林組、大手ゼネコンの技術連合「合流」に含み
蓮輪賢治社長が描くスーパーゼネコンの将来像
ゼネコン集結、「技術連合」がはらむ再編の可能性
スーパーゼネコン主導で作業員不足解消狙う
大成建設の大物が大和ハウスへ、仰天人事の真相
大和ハウスに移籍した村田副社長が独占告白
大林組、業績急落の背景にある「地方案件」の存在
資材高直撃、収益回復シナリオはなぜ狂ったのか
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内