任天堂創業家VS東洋建設「空白の250日」の全貌 買収提案をめぐって異例の長期戦を展開

✎ 1〜 ✎ 38 ✎ 39 ✎ 40 ✎ 41
拡大
縮小

任天堂創業家が東洋建設に提案した買収案をめぐり、両社は昨年5月からおよそ8カ月にわたって協議。事態が進展せず、任天堂創業家は今年6月の東洋建設の株主総会で、同社社長らの再任に対し反対を表明。水面下で繰り広げられてきた攻防戦の内実に迫る。

東洋建設が本社として入居する東京・神保町のオフィスビル
東洋建設が本社として入居する東京・神保町のオフィスビル。この11階にある東洋建設の応接室でトップ会談が行われた(記者撮影)

特集「ゼネコン異変」の他の記事を読む

2022年12月5日。小雨模様の肌寒い1日となったこの日。東京・神保町のオフィスビル11階にある、マリコン(海洋土木)大手・東洋建設の本社の応接室で、2人の男が対峙した。

ひとりは任天堂創業家の資産運用会社、ヤマウチ・ナンバーテン・ファミリー・オフィス(YFO)の代表者である山内万丈氏。任天堂の中興の祖として知られる故・山内溥(ひろし)氏の孫(戸籍上は溥氏の次男)だ。一方は、東洋建設の武澤恭司社長。建築の営業畑を歩んできた、たたき上げである。

故・山内溥氏
任天堂の中興の祖として知られる故・山内溥氏。ヤマウチ・ナンバーテン・ファミリー・オフィス(YFO)は山内家の資産運用会社だ(撮影:梅谷秀司)

YFOは2022年3月ごろから東洋建設株を買い集め、5月の時点で27%超の株式を持つ筆頭株主となった。5月18日には、東洋建設の経営陣の合意を前提に、同社に対して「友好的」な買収を提案。1株1000円の価格を提示し、完全子会社化を見据える。

YFOは先進的な技術を持つスタートアップへの投資を基本とする一方で、旧態依然とした「レガシー産業」企業の変革を促す活動も重視している。

12月5日会談で完全に決裂

この買収提案以降、両社は実に250日もの間、回数にして20回、時間にして40時間以上もの協議を重ねてきた。当初は事務局による話し合いだった。だが、買収提案に対する見解の相違が解消されることがなく、2022年10月以降は両社のトップ(代表と社長)による協議に移行した。

12月5日は、5回目のトップ会談だった。だが、この日はそれまでのお互いの話をじっくりと聞く紳士的なやりとりから一変。東洋建設が事前に提示した「全株式取得のご提案に賛同することはできない」と記述した非公式の書類に対し、万丈氏が気色ばんだ。「われわれの提案を受け入れないとは、どういう見解なのですか」「(東洋建設は)ガバナンスが効いていない」。結局、万丈氏は早々に席を立ち、30分ほどの短時間で会談が終了した。

次ページまったくかみ合わなかった議論
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン異変
下請け建設業者が悲鳴をあげている
中小零細業者が直面する現実
小型工事に群がる超大手ゼネコン
迫り来る業績圧迫の足音
「我が世の春」は終わった
データ/数字で見る建設業の歴史
村上ファンドがやってきた
アクティビストに怯えるゼネコン
ゼネコン再編「3つのシナリオ」
内向き体質は変わるのか
これが次に狙われるゼネコンだ
「割安ゼネコン」ランキング
村上系ファンドと西松建設「株買い増し」で緊迫の攻防戦
モノ言う株主対策で打ち出した「ある奇策」
2021年最新版!「超割安ゼネコン」ランキング
アクティビストに狙われやすい銘柄は?
大成建設の副会長、大和ハウスへ電撃移籍した舞台裏
大手ゼネコンからハウスメーカーへ「異例の転身」
大和ハウスが目指す「住宅の心を持ったゼネコン」
インタビュー/大和ハウス工業社長 芳井敬一
「大成がゼネコン再編の先陣を切る」
インタビュー/大成建設社長 相川善郎
建設市場は氷河期だが、ビジネスチャンスもある
インタビュー/前田建設工業専務 岐部一誠
大和ハウス、デジタル化で挑む売上高10兆円の壁
ハウスメーカーの雄は建設業をどう変えるのか
「大成建設ショック」襲来、ゼネコン決算に異変あり
建築、土木事業とも利益率が急降下のなぜ
大林組、利益率急低下を招いた「ある特別な事情」
土木事業の採算が急悪化、工事損失引当金も膨らむ
大林組、日建連「三役」を初めて引き受けた背景
蓮輪賢治社長が日建連の建築本部長に就任
大林組、大手ゼネコンの技術連合「合流」に含み
蓮輪賢治社長が描くスーパーゼネコンの将来像
ゼネコン集結、「技術連合」がはらむ再編の可能性
スーパーゼネコン主導で作業員不足解消狙う
大成建設の大物が大和ハウスへ、仰天人事の真相
大和ハウスに移籍した村田副社長が独占告白
大林組、業績急落の背景にある「地方案件」の存在
資材高直撃、収益回復シナリオはなぜ狂ったのか
ゼネコン界の重鎮が訴える「適者生存の法則」
大成会長「変化に適応しないと生き残れない」
物流施設の建設ラッシュ「今年で終了」説の真偽
米物流大手の日本法人トップが明かす投資方針
清水建設社長が抱くゼネコン地盤沈下への危機感
資材高騰が利益を圧迫、洋上風力発電に活路
村上系ファンドと西松建設、「2年戦争」の余波
伊藤忠商事がホワイトナイトに名乗り出た事情
工事損失引当金「多い」「増えた」会社ランキング
ランキング1位はスーパーゼネコンの鹿島
割安に放置されたままのゼネコンはこの会社だ
中部~九州、自己資本比率が低い地域ワースト20
北海道~北陸、自己資本比率が低い地域別ワースト20
鹿島が洋上風力3プロジェクトを「独占」の内幕
スーパーゼネコン随一の技術力と経験を評価か
大林組が挑む「触覚持つ建設ロボット」の生産革命
世界初、メタバース関連技術を建設作業に応用
ゼネコンが街やビルを「ロボット仕様」にする理由
建設業の「ロボティクス元年」がやってくる
大阪「複合経営ゼネコン」がグループ再編する事情
戸建て住宅事業に活路、ニッチ戦略で生き残り
大阪の中堅ゼネコン「戸建て事業」に見出す活路
社長が激白、グループ間連携で面展開を標榜
任天堂創業家VS東洋建設、「TOB攻防戦」の舞台裏
ファミリーオフィスが買収提案した狙いとは?
中堅ゼネコンTOBに介入、「任天堂創業家」の正体
山内家の「幼なじみ」が東洋建設の買収提案主導
ゼネコン決算「土砂降りの雨」に見舞われた事情
「異例」と関係者が嘆くほどの資材高が直撃
老舗の建材商社が挑む「ゼネコン界変革」の本気度
業界の上流から下流をデジタルでつなぐ大構想
ゼネコン「2024年問題」を商機とする企業の皮算用
技術者派遣や管理アプリ会社が狙う金脈とは
任天堂創業家VS東洋建設「空白の250日」の全貌
買収提案をめぐって異例の長期戦を展開
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内