(第48回)旧秩序の破壊者が新しい世界を作る

(第48回)旧秩序の破壊者が新しい世界を作る

1980年代末に刊行されたアメリカ経済再生の提言書『メイド・イン・アメリカ』は、シリコンバレーに勃興しつつあったベンチャーキャピタルに否定的な評価を下していた。もっといえば、敵意を抱いていた。

それはベンチャーキャピタルが既存の産業秩序を破壊するからだ。彼らが創業資金を提供するので、モトローラなど有力企業の優秀なエンジニアが退職し、創業してしまう。その結果、既存企業の技術開発力が低下する。それに対して日本のエレクトロニクスメーカーは終身雇用制をとっているため、優秀なエンジニアは起業せず企業に残り、腰を据えて技術開発に取り組む。「そのためにアメリカ企業が日本企業に負けてしまう」という論理だ。

同書が描いたアメリカ経済再生は、それまでの産業秩序を維持しつつその枠内で改善を図って生産性を高め、それによって経済を復活させるという筋書きのものだった。具体的にいえば、アメリカ企業を日本企業のようにすることだった。

しかし、その筋書きは実現しなかった。そのかわりに新しい企業が誕生し、それがITという新しい産業を作った。それを資金面でサポートしたのが、ベンチャーキャピタルである。人材や基礎研究の面でITを助けたのは、『メイド・イン・アメリカ』を編集したMITではなく、「西海岸の田舎大学」であったスタンフォード大学だった。

現在日本で考えられている日本再生は、基本的には同書と同じ発想にたっている。つまり、これまでの有力企業を有力企業のままで残そうという方向である。

しかし、システムの機能不全がある限度を超すと、「改善」では復活できない。再生のためには旧システムの核心部分を破壊する必要がある。古いものが残っていると、新しいものが誕生しにくいからである。

関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。