韓国サムスン社長に会長の長男、3代世襲へ盤石体制

韓国を代表する世界的企業、サムスングループが世襲への移行作業を着々と進めている。

李健煕(イ・ゴンヒ)会長(68)の一人息子で中核企業のサムスン電子副社長の在鎔(ジェヨン)氏(42)が社長に昇格することを12月3日に発表。創業者で健煕会長の父の故・李秉喆(イ・ビョンチョル)氏から始まる3代世襲への布石との見方が多い。

健煕会長は、不正資金問題で起訴され、2008年に辞任したが、今年3月に会長へ復帰したばかり。今回の人事では、信任が厚い崔志成(チェ・ジソン)社長(59)も副会長に昇格させ、グループ経営の司令塔役を担う「未来戦略室」も設置。強固なファミリー帝国を築くため、地盤作りに余念がない。

ただ、世襲レースは混沌としそうだ。

在鎔氏は慶應義塾大学に留学経験があり、日本語も堪能。1991年にサムスン電子に入社し、ソニーとの液晶パネル合弁にもかかわるなど、帝王学を身に付けてきたが、今回の人事でも在鎔氏には代表権が付かなかった。

肩書は社長兼最高執行責任者(COO)。副社長時代のCOOと変わらないのだ。そのため、ソウル財界関係者からは、「在鎔氏はまだ試験期間中」との声が漏れる。代表権のある李会長と崔副会長がグリップを握りながら、在鎔氏をサポートしつつ、どの段階で経営権継承に向かうかが注目される。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT