「女性は被害者!」という思考が持つリスク

それはハラスメントか、マネジメントか?

私にも覚えがありますが、「妊娠したのだから仕方ない」「そういうものだ」と、アクションもせずに自らを納得させようとし、評価を聞く怖さから逃げることもまた、大切な機会を逃しているような気がします。

悪質なマタハラを撲滅し、安心して「妊娠・出産」しながら働けるようにしていくということは、たいへん重要なことだと思います。一方で、サラリーマンとして企業の重要な戦力であり続け、自らも社会で成長し続けるために、会社との信頼関係を見つめ直し、自分に「それは本当にマタハラか」と問うてみる、そういうスタンスもまた、必要ではないでしょうか。

悪質なマタハラには、もちろん声を上げよう

コミュニケーションしてもやっぱり、きちんと人事の背景が説明できない会社、妊娠だけを理由に進退を迫ってくる上司など、悪質なマタハラは存在すると思います。それをあなた自身が確信したとしたら、上司との直接対決はあまり意味がないでしょうね。とんちんかんな上司であることは必定だから、現実はきっと何も変わらない。それ以上話すことなどありません。

堂薗稚子さんの著書『 「元・リクルート最強の母」の仕事も家庭も100%の働き方』(角川書店)も発売中です

上層部や上司の発言は、レコーダーに録音できなかったとしても、すぐに時間や内容をそのままに記録し、人事、組合やコンプライアンス関連部署、または経営トップや社外の信頼できる人(弁護士やユニオンなど)に相談してみるべきです。きっと正しい解決策が提示されると思いますし、心ない対応をしようとした上層部も、あらためて自分の非に気づくと思います。やはり、声を上げることでしか、世の中は変わっていかないわけですから、そこで起こる軋轢を考えすぎずに、きっちりと主張すべきでしょう。

「これはマタハラじゃないか」「あのときのあの人事はマタハラだったのでは……」と自分だけで考え続けて、解決しようとしないでいることが、いちばんよくない気がします。出産して復職してからも、そんなことがたくさん起きるかもしれません。一つひとつのそんな機会に、自分と向き合って、自分でアクションして、問題をクリアにしていきましょう。そういう行動こそが、多くの後輩女性の道を作っていくのだと、私は思うのです。

 ※読者の皆様からのお悩み、ご相談を募集します。こちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで、年齢、ご職業等を記載のうえお寄せください。掲載は匿名といたします。


 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT