40歳過ぎると、言いたいことが言えない?

姐さんへのお悩み相談、意外な「第1位」

 結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 
 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんによるお悩み相談連載。新年1回目の今回は番外編をお届けします。
40歳を超えると、言いたいことが言えなくなる?(写真:Ushico / Imasia)

みなさま、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。年末年始はどうお過ごしでしたでしょうか。

私は実家天国を満喫しておりました。母や妹とネットでセール商品をチェックしまくったり、ポチっと購入したりして、ほくほく帰宅しましたが、続々と届くセールの服がことごとくサイズが小さくてぱんぱん! 即ダイエットを決意したのに、恐ろしくてまだ体重計にも乗れず……。もちろん、服はそのままクローゼットにタグ付きで並んでおります……。

さて、新年1回目となる今回。編集の方から「今回はお悩み相談ではなく、好きなテーマで書いていいですよ」となかなか悩ましいお題をちょうだいしました。いろいろ考えた結果、今回は、この連載をはじめて約1年、特に最近気になる「中年世代のコミュケーション」について書いてみたいと思います。

お悩み相談、第1位は??

この連載を読んだ読者の方で、ホームページを経由してメールをくださる方が、けっこうな人数いらっしゃいます。総じて30代半ばから50代までで、男女比は半々くらい。若い人はあまり見かけません。いただくメールは長文で、大体が1000文字は軽く超えているものが多いのです。

「共感した」といった感想の後に、ご自分の体験談がびっしりと書かれていて、「こんなことを言ったら、若い人たちとうまくいかなくなりそうで言えません」「アドバイスを求められても、怖くて表面的な答えに終始してしまいます」といった言葉が並びます。「あなたはよくあんなこと言えましたね」「勇気がありますね」と、褒められているのか、あきれられているのか、わからないことが書かれていることもあります。

こういうメールをいただくと、今度は私が「わかるー!」と共感しちゃうわけです。そしてこれまた長文のお返事を書いてしまったりして、なんだか変な「絆」みたいなものまで生まれているような気がしたり。

はたして、この連載は「20~30代のキャリア女性向けの人生相談」という企画趣旨に合ったものになっているのだろうか、中年同士で共感し合っていて、若い「キャリア女」より「おばさま」「おじさま」からの感想のほうが、断然、多いなんて……。自分の仕事を心配すべきところですが、それはさておき(笑)。ここに私たち世代が陥っている現状があるようにも感じて、この頃、すごく気になるのです。

次ページ子どもの学校でも、会社でも口をつぐんでしまう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT