日本の電力業界、海外展開では資本利益率とリスクコントロールに注目《ムーディーズの業界分析》


財務構造の改善は足踏み

燃料価格の急激な変化や、世界経済の大幅な後退といった極端な事態にならないかぎり、基本的に安定した収益構造に基づき、電力会社の純利益は安定的に推移することが見込まれる。07年3月期まではコストが漸減傾向にあったが、08年3月期以降、安定化供給のために、経年化対策(発電設備、送配電網のメンテナンスなど)や、環境対応(再生可能エネルギー、スマートグリッド対応を含む)のための投資が増加しており、設備投資は増加する見込みである。減価償却費も、これまでは投資の抑制を受けて漸減傾向にあったが、今後は増加に転じよう。

07年3月期までは、潤沢なキャッシュフローを背景に、電力各社の財務構造は改善傾向にあった。しかし、08年3月期以降、営業キャッシュフローの減少、設備投資の増加により、フリーキャッシュフローが悪化した。今後も従来よりは低水準で推移する可能性が高く、財務構造の改善、債務返済は足踏みする可能性が高い。

10電力 フリーキャッシュフロー

有利子負債/キャピタライゼーション

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT