アラサーのための戦略的「人生相談」--人生の目的が見えず、うつ病になりました


広瀬 一郎

近年、「自己啓発本」が、書店にあふれ返っています。

ゴルフの指導書と同じで、どれを読んでも正しいと言えば正しい。ただし、自分に合ったトレーニング法を見つけないと、上達は望めません。

最近、石川遼効果でしょうか、打ちっぱなしの練習場に子供の姿が目立ちます。中には大人顔負けのスイングをする子もいます。子供といえども、正しいスイングを知り、よい指導者に巡り合えば、正しいスイングができる、ということです。

「知」のトレーニングについても同じことが言えるのではないでしょうか。つまり、「知識の習得」>>>「実践」>>>「(経験の)フィードバックと構造化/ナレッジ化」>>>「知識の習得」というサイクルを経ることによって、適切で「使える」知識が身に付きます。

大方のゴルファーは「若くて体がしなやかなうちに、ちゃんとしたスイングを身に付けておくべきだった」という思いを持っています。「知力」も同様で、若くて柔軟な思考のできるうちに身に付けておくと、一層効果が上がります。

若いうちに、「知力」や「知性」を身に付けていれば、ビジネスの達人になるだけでなく、人生の達人にもなれるはずです(これは、自戒を含め、大方の年長者の反省でもあります)。

私は、20年のサラリーマン生活を経て、独立し会社を立ち上げ、うまくいかず2年後に事業譲渡しました。そこから行政関係のシンクタンクに入り、大学で教鞭を執るようになって数年が経った今、若者に対して、大きなおせっかいをしたいという思いがますます強くなってきました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。