アラサーのための戦略的「人生相談」--人生の目的が見えず、うつ病になりました


広瀬 一郎

近年、「自己啓発本」が、書店にあふれ返っています。

ゴルフの指導書と同じで、どれを読んでも正しいと言えば正しい。ただし、自分に合ったトレーニング法を見つけないと、上達は望めません。

最近、石川遼効果でしょうか、打ちっぱなしの練習場に子供の姿が目立ちます。中には大人顔負けのスイングをする子もいます。子供といえども、正しいスイングを知り、よい指導者に巡り合えば、正しいスイングができる、ということです。

「知」のトレーニングについても同じことが言えるのではないでしょうか。つまり、「知識の習得」>>>「実践」>>>「(経験の)フィードバックと構造化/ナレッジ化」>>>「知識の習得」というサイクルを経ることによって、適切で「使える」知識が身に付きます。

大方のゴルファーは「若くて体がしなやかなうちに、ちゃんとしたスイングを身に付けておくべきだった」という思いを持っています。「知力」も同様で、若くて柔軟な思考のできるうちに身に付けておくと、一層効果が上がります。

若いうちに、「知力」や「知性」を身に付けていれば、ビジネスの達人になるだけでなく、人生の達人にもなれるはずです(これは、自戒を含め、大方の年長者の反省でもあります)。

私は、20年のサラリーマン生活を経て、独立し会社を立ち上げ、うまくいかず2年後に事業譲渡しました。そこから行政関係のシンクタンクに入り、大学で教鞭を執るようになって数年が経った今、若者に対して、大きなおせっかいをしたいという思いがますます強くなってきました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT