アラサーのための戦略的「人生相談」--人生の目的が見えず、うつ病になりました


高所恐怖と高所恐怖症の違いは知っていますか? 

高い所に行って怖いと思うこと自体は、高所恐怖症じゃありません。高いところは、誰でも怖いですから。高所恐怖症とは、「高所で恐怖を覚える自分を許せない」と思うことなんです。「私は高い所にいるから怖いのは当たり前」と思えば恐怖症になりません。

つまり、「私はこんなに頑張っているけれど、簡単に結論が出ないのは当たり前」と思えばうつ病にならないわけです。

要は、苦しんでいたり、悩んでいたり、思うようにできなかったりする自分を認められるかどうか。自分を認めるということは、他人を認めることにもなる。自分を認められないと、他人を認められないから、「何この人?」っていう態度になっちゃうでしょ。

■憧れのモデルをまず探せ

武田:昔のサラリーマンは、自分の目的について考えなくてもよかったですよね。

広瀬:そう。つまり、今のように選択権があるということは、選択しなきゃいけないという、ものすごく不幸な状況とも言える。

昔は、自分探しなんてしていたら、明日のおまんまが食えなかった。だから、皆、がむしゃらに働いた。僕が小学校のときは、「一郎、今日の晩飯はとんかつだよ」ってお袋に言われれば、それだけで一日ハッピーだった。たかだか四十数年前のことですよ。

つまり、豊かさ=「現在の位置からある方向に進んでいることを実感できること」と定義すれば、まずは今の自分を認めないと、どの方向に進めばいいか絶対に見つからない。だから、現在の自分を認めることがスタートになる。

もう1つのアドバイスは、なるべく自分の身近にかっこいい人を見つけること。そして、その人を徹底的にマネすればいい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?