アラサーのための戦略的「人生相談」--人生の目的が見えず、うつ病になりました


僕が最初の会社に入ったときも、「あ、この人すごくかっこいいな」と思う人がいた。その人は、頭は切れるし、柔軟だし、スレンダーだし、物腰も柔らかかった。でも、毛が薄かったので、誰の恨みも買わなかった(笑)。

武田:ただ、そういう憧れのモデルを探すことが難しくなっている気がします。40代ぐらいの人でかっこいいなっていう人はあんまりいないような。

広瀬:確かにそうかもしれない。今年、ある商業高校でスポーツマンシップについて講演したとき、校長先生がショックを受けていた。「普段は10分間も黙ってられない生徒たちが、1時間もシーンとして講演を聞いていた。私の話はそんなにつまらないのか」と。

講演で生徒には、「スポーツマンというのは、グッドフェローだよ」ということを伝えた。金持ちになるより重要なのは、グッドフェローを得ることです。僕の歳になってみると、いい友達を得るってことがどれだけ幸せにつながるかよくわかる。

では、グッドフェローを得るための唯一の方法は何かわかりますか?

それは、自分自身がグッドフェローになることです。

もちろん、格好よく生きるためには、グッドフェロー以外にも必要なものはあります

たとえば、イギリス人は、ジェントルマンの条件として、「着こなし」を挙げている。かっこよく生きるために、うまいものを食うとか、着こなしだとか、身のこなしっていうのは必要なんです。だけど、そのためには、ある程度の財力がないといけない。

「武士は食わねど高楊枝」とうそぶいても、かっこ悪いでしょう。一方で、強欲になりすぎて、金儲けばかりに走るのもかっこ悪い。だから、ある程度の所得を得たうえで、かっこよさを追求する。それがかっこよい生き方だと思いますよ。

ひろせ・いちろう
 1955年生まれ。東京大学法学部卒業。1980年、株式会社電通入社。トヨタカップを含め、サッカーを中心としたスポーツ・イベントのプロデュースを多数手がける。2000年に株式会社電通を退社し、(株)スポーツ・ナビゲーションを設立。その後、独立行政法人経済産業研究所の上席研究員を経て、2004年にスポーツ総合研究所を設立し、所長就任。江戸川大学社会学部教授を経て、多摩大学の教授として「スポーツビジネス」「スポーツマンシップ」を担当。著書に『Jリーグのマネジメント』『スポーツマンシップ立国論』など。現在東京と大坂でスポーツマネジメントスクールを主宰し、若手スポーツビジネスマンを育成している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT