「生理痛が重い」を放置する女子に潜む不妊リスク 産める体をつくる「プレコンセプションケア」

印刷
A
A
高橋さん監修ABEMAオリジナルドラマ『30までにとうるさくて』から。「産む・産まない」の選択に悩む29歳の女性たちの様子が描かれています(写真:ABEMA提供)
産みたいと思ったときに産めるよう準備をしてほしい――。
「性教育産婦人科医」として、全国の小学校・中学校・高校で若い世代に向けて講演を行っている高橋幸子先生(埼玉医科大学産婦人科)は、早いうちから「そのとき」のために備えることの重要性を、繰り返し訴えている。
4日連続特集「不妊治療は“ひとごと”ですか?」4日目第3回は、若い女性がどんなことに気をつけるべきなのか、具体的な対策を高橋先生に聞いた。
【4日目のそのほかの記事】(1~3日目の記事はこちらからご覧ください)
第1回:イモトのWiFi運営企業が「不妊治療」参入の大波紋
第2回:「不妊に悩む人多い」日本社会が見過ごす根本原因

生理のサインは見逃さない!

産みたいときに産める体のために何が大事か。私は、自分の生理(月経)についてもっと関心を持ってほしいと思っています。

生理の異常は婦人科系の病気のサインになります。

例えば、3分の1の女性が持っているといわれる病気、「子宮筋腫」は経血が増える過多月経や、強い生理(月経)痛(月経困難症)などの症状を引き起こします。筋腫があるとそれがジャマになって不妊につながることもあるため、手術で切除することもあります。

この連載の記事一覧はこちら

生理痛が年々重くなっていたら、「子宮内膜症」を疑ったほうがいいかもしれません。

子宮内膜症は、本来なら子宮内にある内膜が子宮の筋層内や、卵巣、腹膜などで増えていく病気です。内膜が子宮の筋層で増殖するものを「腺筋症」、卵巣で増えたものを「チョコレートのう腫」といいます。内膜が卵管を包む腹膜で増殖すると、卵管が周りの組織とくっついてしまいます(癒着といいます)。いずれにしても、不妊の大きな原因となります。

生理痛が重い人は、そうでない人より1.3倍、将来子宮内膜症を発症するリスクがあります。根治はできませんが、ピルなどで対応が可能なので、早めに病院で調べてもらって、必要であれば治療を受けましょう。

次ページ性感染症も不妊のリスクを高める
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT