焼肉屋で選ばれる代替肉「ネクストミーツ」の正体 「ステイホーム」も代替肉が注目される理由に

印刷
A
A
2月16日〜3月1日の期間、横浜高島屋にて行われた「にくらしいほど肉らしい 大豆ミートはこんなにおいしいフェア」では、デパ地下の有名ブランドが代替肉を使ったメニューを発売した(写真:ネクストミーツ)
この記事の画像を見る(5枚)

最近になってとくに注目が高まっている「代替肉」。大豆などを原料に、肉や魚の味、食感を模した食材は、これまではベジタリアン向けなど、市場も用途も限られていた。しかし今では、例えばファストフードでは多くのチェーンが代替肉メニューをそろえているし、スーパーでは代替肉がふつうに並ぶようになった。なんと肉食の牙城である焼き肉チェーンでも、代替肉メニューを用意。今や、肉と並ぶ選択肢の1つになりつつあるのだ。

背景には、日本の食のトレンドを左右するアメリカでの、代替肉需要の高まりがある。アメリカマクドナルドでもビヨンド・ミートとの提携により、2021年11月から試験販売を開始している。

「利益よりはサステイナビリティーファースト」

そして日本における陰の仕掛け人が、代替肉専門の企業「ネクストミーツ」だ。

展開する商品は「NEXTカルビ」「NEXT牛丼」など14種類。全国73店舗を展開するチェーン「焼肉ライク」、渋谷の焼肉テーマパーク「肉横丁」といった飲食店や、大手スーパーも含む小売店など、取り扱い店舗は徐々に増えている。また自社オンラインストアでも購入可能だ。

【2022年3月14日14時35分追記】 記事初出時、名称に誤りがあったため上記のように修正しました。

海外展開もすでに進めており、シンガポール、香港、台湾、ベトナムで販売するほか、アメリカでも2021年12月にネット通販を開始し、好評だとのことだ。ほか、フランスを起点としたヨーロッパ各国、中国、インドでも販売への動きを進めている。

設立は2020年6月と最近だが、スピーディーな展開と百貨店等とコラボレーションしたイベントの開催で、代替肉の一般消費者への認知を一気に高めてきている。

同社の大きな特徴がメッセージ性の強さだ。利潤追求は本来、企業の使命だが、同社は「地球を終わらせない。」をキャッチコピーに、「利益よりはサステイナビリティーファースト」「競争よりは共創」をポリシーとしてうたう。シェア文化になじみ、SDGsへの意識が高い、若い世代を中心に受け入れられている。

次ページ起業の理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT