就職「新」氷河期--親も知らない就活の真実

就職「新」氷河期--親も知らない就活の真実

あのときに比べたら、ましなのだろうか。

1990年代末、バブル崩壊のつめ跡が残る中、山一証券、北海道拓殖銀行が破綻。リストラの嵐が吹き荒れ、企業の新卒採用中止が相次いだ。99年度の大卒求人倍率(リクルートワークス研究所調べ)は0・99倍と、1倍を割り込む。就職を希望する学生数に求人数が達しない異常事態だった。

就職氷河期--。行き場を失った若者は、フリーターになり、非正規雇用の現場に身を投じた。10年後、「年越し派遣村」の悲劇を生む。
 
 数年かけて倍率2・14倍まで戻った矢先、リーマンショックが起きた。2010年、11年採用は求人が激減した。それでも11年採用は1・28倍。一般有効求人倍率0・47倍(09年)に比べれば、大学生は恵まれているともいえる。が、就職活動する学生の焦燥感は、“表面倍率”では説明がつかない。

「偽装留年」。1社も内定が出ないまま卒業が迫る中、もう1年、学生として就活を続けるための落第が増えている。この10月から“就活2周目”に突入した4年生も多い。

実は、1・62倍だった10年採用では、驚くべきことが起きていた。大卒求人倍率の基になる求人数は、企業が採用開始当初に立てた「見込み計画数」だ。10年はそれが73万人弱だった。ところが、この年の最終的な採用実績は60万人強で終わったとみられる。その差12万人。希望数45万人に対する“実態倍率”は約1・35倍だったことになる。

これほどの乖離が生じた背景にあるのは、前年に内定切りが社会問題化したために、企業が内定を出し渋ったこと。採用活動中に業績がさらに悪化し、やむなく中断したこと。そして、「厳選採用」の潮流だ。


キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT