中国でも国産アニメ産業が自立へ、子供に中国産コンテンツを見せるようになった若い親たち



 
 ドラえもんと喜羊羊与灰太狼とのシェア争いとは別に、「しまじろう」でおなじみのベネッセの中国向けの教材が、富裕層向けの幼稚園において保護者同士の口コミで知られつつある。
 
 近年、書店やDVD販売店で海賊版のベネッセコーポレーションの教材を散見するようになったが、これは中国における同社の教材が普及していてかつニーズがある人気コンテンツであることの裏返しといえよう。

中国で日本を含めた外国産のアニメやゲームをライセンス供与し、正規に放映することは年々難しくなってきている。ドラえもんが喜羊羊与灰太狼にシェアが奪われていくように、やがて中国の子供が中国のアニメコンテンツを見て育つようになることが当たり前となりそうだ。

その一方で「こどもちゃれんじ(中国版)」が受講できる所得の高い世帯の子供は日本のアニメコンテンツを見て育ちそうだ。さらにこれらの子供が次のステップで日本コンテンツを触れるか中国コンテンツを触れるか、ひいては日本の文化を無意識のうちに吸収してしまうか否かは、中国のアニメ業界などコンテンツ業界の成長いかんにかかっている。

やまや・たけし
中国内陸部在住のIT専門ライター、中国のIT事情を中心に取材・執筆。著書に『新しい中国人 ネットで団結する若者たち』(ソフトバンク新書)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT