「フルタイム勤務で手取り15万」26歳男性の困窮 少ない給与から「引かれ続ける税金」への不信

印刷
A
A
社会人になってから家計簿を付け始めたイチロウさん。平均して手取り15万円の会社員だが、3年間で100万円もの社会保険料や税金を払ってきたという(筆者撮影)
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。
今回紹介するのは「自由に使えるお金が少なくて困っています」と編集部にメールをくれた、26歳の男性だ。

「取られるお金」の多さに愕然とした

給与「622万5847円」、厚生年金と雇用保険などの社会保険料「91万5697円」、所得税と住民税の合計「21万7803円」、消費税「7万3272円」――。

この連載の一覧はこちら

給与622万5847円といっても年収ではない。都内の会社員イチロウさん(仮名、26歳)が2019年4月に社会人になってから昨年末までの3年ほどの間に、働いて得たお金と差し引かれた税金など収支の総計である。

なぜ1円単位までわかるのか。それはこの間、イチロウさんが欠かさず家計簿を付けているからだ。きっかけは、正社員として働き始めたとき、ふと「自分は人生でどれくらいのお金を使うのかな」と思ったことだという。

「几帳面な性格というわけではありません。項目を少なくしてエクセルを使えば、後は給与明細とレシートの数字を打ち込むだけなので手間も時間もそれほどかからないんですよ」

ちなみに額面給与から社会保険料と税金を差し引いた手取り額は「509万2347円」。1カ月当たりの手取り額を算出すると約15万4000円になる。

この間、数カ月間だけ短時間勤務のアルバイトをしていた時期があるが、そのほかはフルタイムで働いてきた。典型的なワーキングプアである。

家計簿を付け続けて気が付いたのは、自由に使えるお金などほとんどないということだった。イチロウさんは「ただでさえ少ない給与から(社会保険料や税金として)2割も持っていかれてる。合わせるとこれまで100万円以上も払っているのに、その負担に見合った還元がなされていない」と訴える。

「使うお金」を知りたくて始めたことなのに、図らずも「取られるお金」の多さに愕然とすることになったというわけだ。

地方都市出身のイチロウさんは、現在は都内のシェアハウスで1人暮らしをしている。シェアハウスを選んだのは初期費用が掛からないから。家賃は5万円。1カ月の食費は3万円以内に抑えるのが目標だ。無駄遣いをしないよう、食料品は1週間分をまとめて買う。安価なモヤシと納豆、豚のひき肉は欠かせない。炒め物でひき肉を使うと、肉の脂身が食用油代わりになるのでその分節約ができるという。

次ページ最近、ショックを受けたこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT