「現代の闇」を予言したマルクスとケインズの慧眼 GAFA支配は「アヘン貿易の世界化」に他ならない

印刷
A
A
マルクスとケインズは資本主義の構造をどのように見ていたのだろうか(luigipetro/PIXTA)
この記事の画像を見る(3枚)
現代のグローバル社会の構図は、「アヘン貿易の世界化」に他ならない。私たちはマルクスとケインズが発した警鐘をどう受け止めるべきか。前回に続き、元朝日新聞社長で政治思想や文明論に詳しい木村伊量氏と、近著『次なる100年』を上梓し「第2の中世」の到来を唱える水野和夫氏が縦横に語りあう。

「ゼロ金利」を予言したケインズ

水野:次の100年と言いますか、次の時代の指針という意味で、ケインズの提言は面白いですね。ケインズは90年も前に、現代風に意訳すれば「ゼロ金利になれば、財産としての貨幣愛は追求する必要はない。だからミリオネアはもういらない」と言っています。ゼロ金利を達成した社会は、必要なものを必要なところに供給できる体制になっていると。

『次なる100年 歴史の危機から学ぶこと』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

それでもケインズは、やはり人間の本性というのは、人類誕生以来、働け、働けと習慣化されているので、急には実現できないが、週15時間働けば大丈夫と試算しているんですね。ゼロ金利になって、新規の投資を行わなくてもよくなれば、週15時間労働で十分必要なものが提供できる。あとは自由時間を満喫できると言っています。

ケインズの慧眼は、1930年の論文で、100年後の2030年にはゼロ金利になると予想しているんですよ。

木村:そうですか。100年も前にね。そうすると、2000年代の前半にゼロ金利になった日本はかなり先取りしているわけですね。

水野:日本とドイツとフランスが先取りして、ゼロ金利になりました。しかし、今の日本は、依然として働け、働けですよね。

木村:自由になった時間を満喫して高度な文化活動に使おうなんて、まったくないですね。むしろ、ゼロ金利になって、グローバリゼーションの進展とともに中間層が滑り落ちてしまった。それでも個人の金融資産は増え続けているし、企業の内部留保も積みあがっている。暮らしが豊かになった実感は多くの人たちは持てないでしょう。1日24時間が50時間くらいになれば、ケインズの予言が実現するのかもしれませんけれども。

水野:そのケインズは「ゼロ金利になっても、貨幣愛が強い人は、お医者さんに行ってください」と言っています。貨幣に執着する人は半ば犯罪者で、半ば病人だと。

だから、ケインズは、刑務所に入ってもらうか、病院に長期入院してもらって、社会的隔離、物理的に隔離しなさいと。いやケインズも過激だなと思いましたね。

木村:かなり過激ですね。でも、ケインズが言っていることは理解できます。同じようなことを古代中国の荘子は「恥無き者が富む」と言っています。水野さんの別のご本でも触れられていましたが、『貧困の哲学』を書いたフランスの無政府主義者ピエール・プルードンは「所有とは盗みである」と看破していますね。

水野:同じですね。つまり、過度な貨幣への執着は悪だと。

次ページ中世から近代への転換で起きたこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT