星野リゾート、「ホテル業界のトヨタ」狙う

星野リゾート代表に海外展開の勝算を聞く

美しいランギロア島。「バトル・ボラボラ」でスタッフの意気も上がる

「旅館メソッド」は日本流に染めることではない

――和のテイストのホテルになるのか。

われわれの標榜する「旅館メソッド」とは、地域の魅力や文化を現地のスタッフが発想し、考え、サービスにして提供することを指す。欧米のホテル運営会社では、どこかのホテル経営経験者や総支配人経験者がやってきて、マニュアルを作って現地スタッフを正確に動かす運営をすることが多い。

来年4月から星野リゾートの施設としてサービスを提供するが、6月から現地入りしている。担当者を派遣し、私も頻繁に現地に行っている。日本でのホテル運営と同じように、コンセプト委員会を作って、本来の現地の魅力の再確認し、既存顧客がどこに満足しているのかについて初めての調査を行った。来年4月までにコンセプトやターゲットが明確になると思う。

――現地スタッフのスキルはどうか。

タヒチの人は日本人ほど勤勉じゃないし、仕事もしない、と聞いていたが、そんなことはまったくない。ミーティングを行って経営に参画させると、ランギロア島に来てくれる客には満足して帰ってほしいとすごく思っている。

自分たちが住んでいるランギロア島にプライドを感じていて、ライバルのボラボラ島に負けたくない。どうしたらボラボラのリゾートより強くなれるのか、あまり考えたことがなかったので、その喜びをすごく感じてくれている。

「バトル・ボラボラ(Battle Bora Bora)」で「B3」と呼んでいる。日本人なら強い競合がいれば差別化しようとするが、彼らは逃げずに正面から戦おうとする。その方がやる気が出るようなので、まずは島々を巡る客、「アイランド・ホッパー」をどう呼び込むかを提案させて、さらに、ボラボラと戦おうと鼓舞している。

次ページ「星のや東京」の課題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。