星野リゾート、「ホテル業界のトヨタ」狙う

星野リゾート代表に海外展開の勝算を聞く

「バトル・ボラボラで現地のスタッフも喜びを感じてくれている」と星野代表(撮影:尾形文繁)
 

関連記事はこちら→星野リゾートの「おもてなし」がタヒチ進出

国内各地で高級旅館やリゾートホテルを手掛け、老舗施設の再生実績も多い星野リゾートが、海外進出を本格化する。

10月15日の会見で星野佳路代表は、南太平洋タヒチ・ランギロア島の既存ホテルをブランド変更し「星野リゾートKia Ora(キアオラ)ランギロア」として2015年4月に運営を開始すると発表した。

日本発のホテル運営ノウハウは国際舞台でも通用するのか。星野代表に聞いた。

星野リゾートは難しい案件に縁がある

――タヒチに着目した理由は。

水面下で検討していた案件のうちの一つで、急に運営を引き継ぐことが決まった。リーマンショック以降、タヒチ全体の需要が一時期に比べてちょっと落ちているので、ランギロアのリゾートのパフォーマンスを上げるための運営会社として指名された。

タヒチではボラボラ島が有名で、ランギロアは通好み。星野リゾートは沖縄でも西表島、小浜島、竹富島と離島に3つ拠点があるが、本島にはない。難しい案件に縁があるようだ。

――再成長への手ごたえは。

島のポテンシャルは高いと感じている。幅200~300メートルの世界最大級の環礁の島になっていて、周りは太平洋で波が荒いが、琵琶湖の2倍ぐらいの環礁は穏やかで、イルカやサメ、マンタも見られる。ダイビングスポットとしては世界トップ10の常連のリゾートだ。タヒチ唯一のワイナリーもある。

次ページ旅館メソッドとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。