星野リゾート、「ホテル業界のトヨタ」狙う

星野リゾート代表に海外展開の勝算を聞く

「バトル・ボラボラで現地のスタッフも喜びを感じてくれている」と星野代表(撮影:尾形文繁)
 

関連記事はこちら→星野リゾートの「おもてなし」がタヒチ進出

国内各地で高級旅館やリゾートホテルを手掛け、老舗施設の再生実績も多い星野リゾートが、海外進出を本格化する。

10月15日の会見で星野佳路代表は、南太平洋タヒチ・ランギロア島の既存ホテルをブランド変更し「星野リゾートKia Ora(キアオラ)ランギロア」として2015年4月に運営を開始すると発表した。

日本発のホテル運営ノウハウは国際舞台でも通用するのか。星野代表に聞いた。

星野リゾートは難しい案件に縁がある

――タヒチに着目した理由は。

水面下で検討していた案件のうちの一つで、急に運営を引き継ぐことが決まった。リーマンショック以降、タヒチ全体の需要が一時期に比べてちょっと落ちているので、ランギロアのリゾートのパフォーマンスを上げるための運営会社として指名された。

タヒチではボラボラ島が有名で、ランギロアは通好み。星野リゾートは沖縄でも西表島、小浜島、竹富島と離島に3つ拠点があるが、本島にはない。難しい案件に縁があるようだ。

――再成長への手ごたえは。

島のポテンシャルは高いと感じている。幅200~300メートルの世界最大級の環礁の島になっていて、周りは太平洋で波が荒いが、琵琶湖の2倍ぐらいの環礁は穏やかで、イルカやサメ、マンタも見られる。ダイビングスポットとしては世界トップ10の常連のリゾートだ。タヒチ唯一のワイナリーもある。

次ページ旅館メソッドとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT