星野リゾート、「ホテル業界のトヨタ」狙う

星野リゾート代表に海外展開の勝算を聞く

東京であることの意味は、「星のや東京」がうまくいけばニューヨークへ進出する可能性が出てくることだ。サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドンなどの都市では道路を日本車が走っている。街角には回転ずしもある。

ホテル業界のトヨタ自動車を目指す

世界の大都市で日本旅館を、日本のおもてなしが体感できる日本のホテルを、目指していきたい。そうでないと日本のホスピタリティ産業としてのホテルの世界進出はできない。東京には世界のホテルブランドがすべて出そろっている。

リッツ・カールトン、コンラッドなどの世界の強豪よりもしっかりと稼働率が取れるか、しっかりとレート(客室単価)が取れるか、利益が出せるか。そこさえ示すことができれば、われわれに海外のデベロッパーから声がかかる可能性がある。投資家やオーナーが求めているのは、ホテル業界のトヨタ自動車だ。


 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。