ひろゆきが語る「人生で一番の投資失敗体験」 ひろゆき×YouTuber会計士・小山晃弘 対談

拡大
縮小
ひろゆき氏と小山晃弘氏が考える「お金や日本の将来」(写真:川村将貴)
コロナの影響で健康や経済の不安もあって、「これから日本はどうなっていくのか?」「お金の価値は?」「何に投資したら安泰なの?」など、不安は尽きないもの。『YouTuber会計士がゆる~く教える会計「超」入門 ぶっちゃけ会計のことがまったくわかりません…』が4万部を超えた記念に、著者の小山晃弘と本書に推薦を寄せたひろゆき氏が「お金や日本の将来」にまつわる対談を行った。

ひろゆきにとって一番の投資失敗体験

小山前回、通貨を分散させておくというお話が出たので、ひろゆきさんの投資観や投資術についてお聞きしたいんですけど、ひろゆきさんのなかで一番の投資失敗体験は?

ひろゆき:JALですね。2000万円くらい損したかな。航空会社って株を持っていると株主優待で割引券をもらえるじゃないですか。それを金券ショップにもちこめばそれなりの金額になるんですよ。それに日本の航空会社が潰れることはないだろうし、JALとANAの両方買っておけばどっちかは伸びるだろうと思って、それぞれまとまった額で買ったんですね。そうしたらJAL、潰れやがったんですよね(笑)。

税理士法人小山・ミカタパートナーズ代表、YouTuber公認会計士の小山晃弘氏

小山: 2010年ですね。事業会社としては戦後最大規模の倒産でした。

ひろゆき:雲行きが怪しくなったころからバンバンニュースになるので、普段は株価のチェックをしない僕もさすがにチェックして「これは売らないとヤバそうだな」って思ったんです。思ったんですけど……もうひとりの僕が「こんな機会はめったにないから最後まで見届けてみよう」と思っちゃったんですね。

小山:そして紙クズに……。

ひろゆき:そのとき気づいたんですけど、いまの株券って電子データだけなので、紙クズにすらならないんですね(笑)。パソコンの画面で数字が0になるのを眺めるだけ。そのとき「ああ、株価って毎日チェックしたほうがいいんだな」ということを学んだんですよ。

次ページひろゆきが実践している投資方法
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT