安倍総理も応援! 英語教育の改革が加速

日本の教育を変えるキーマン 遠藤利明(2)

小学校英語は今、5年生からのスタートを3年生にまで下げることにしていますが、中高で同じ時間をやり、なおかつ小学校での時間も増やしている。しかし、カリキュラム全体の授業時間は決まっているので、だったら、たとえば中高の英語の時間を減らしてでも小学校に下げたほうがいいのか? そのうえで継続性を持たせる工夫をしたほうがいいのか? そんな可能性も探っています。

安河内:私の意見では、大学受験が変われば、今ある文科省の政策を微調整してやっていくだけで、かなりうまくいくようにいくはずです。今年1月に出たグローバル化に対応した英語教育改革案ですね。ただし、大学受験を変えないと、それまでの先生方の努力、そして投入した予算が無駄になってしまうと思います。

遠藤:大学受験の4技能化ね。

安河内:そうです。極端に難しい4技能のテストにしないで、いろんなテストを組み合わせて使う。そして、テスト機関に妥当性を競わせればいいのです。

遠藤:大学受験の英語4技能化を自由民主党内で提案したときも、とても批判が強かった。けれども、結局、大学受験を変えないかぎり、その下は変わらないということを言いました。そして、昨年春、最初の案を出したときは反対がおよそ8割だった。

安河内:私も「TOEFL iBTへの一本化」には大反対です。でも、「TOEFL iBTを含むさまざまなレベルの4技能試験を使うこと」には大賛成です。この2つの選択肢は、似ているようで大違いなのです。私の周りの多くの先生も同意見です。

遠藤:そう、だから最終取りまとめで「など」と明記したのはそのためです。IELTS(International English Language Testing System)は名乗りを上げるのが早かったですしね。

遠藤議員へのお願い

安河内:もうひとつ遠藤議員にお話したいのは、TOEFL iBTは「アメリカ英語」のテストだということです。もちろん、アメリカは世界の中で大きなプレゼンスを占める国ですから、TOEFL iBTが選択肢の中のひとつとして入っている分にはよいと思います。ただTOEFL iBTオンリーにするのは、日本として危険な選択だと言わざるをえない。

遠藤:私も最初、議論したときはTOEFLしかないと思っていた部分があるのですが、すぐIELTSが「うちもやっています」と名乗りを上げてきた。イギリスだけでなく、旧イギリス植民地の国ではIETLTSを使っていると聞きました。

安河内:アメリカ、イギリス、そして日本独自のものと、いろんな4技能の試験を、協議会で公正に評価する仕組みを作りさえすれば、これらのテストの特徴を使用者がよく理解したうえで安全に使えるはずです。

ここで遠藤議員にお願いがあります! 政界からも、日本独自の試験である英検のスコア化を急がせていただきたい。また、入試英語4技能化の実現に向けて、強く大学側に働きかけていただきたいと思います。細かい作業は私たち英語教育関係の人間が動き回りますから、ぜひこの2つをプッシュしてください。

遠藤:協議会の設置はまだなのですか?

次ページ大学入試の4技能化が加速
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT