スタバ・ジャパンCEOが語る、買収劇の舞台裏

米本社による完全子会社化で何が変わる?

――SBJの業績が右肩上がりにある中で、上場廃止となる。

大きなポイントは、上場した時に米本社と20年間の包括的なライセンス契約が結ばれて、2021年にそれが終わるということ。毎年の有価証券報告書にも載せている。これは大きな事実で、そろそろ米本社とのこの先の関係を考えなくてはいけない時期だった。

ただ正直、何らかの決断をいつのタイミングで下すかという話は、サザビーや米本社の意向によるところが大きい。われわれの知るところではないので、(両社併せてSBJ株の)80%を持っている人たちが決めたことを粛々とやっていくしかない。

資本構成が変わるだけ

SBJの本社に併設されている店舗。SBJは限定フラペチーノなど独自商品で成長を遂げてきた

――完全子会社化に対する米本社の考えは?

私がCEOに就任して3年経つが、株価も3倍になった。資産総額も大きくなった。数年前だと400億円で完全子会社化できたが、(今は株価の上昇によって)1000億円近いカネを本社は出すことになる。

米本社の取締役会で、これだけの投資をする勝算、将来性があるという判断がなされた。そういうことを前提として考えたとき、日本のビジネス自体が将来、今まで以上に成長するという確信がないと、この決断はできない。

「日本は独自のビジネスモデルをしっかりつくって、世界各国のどの現地法人よりもすばらしい形でやっている」と米本社側は評価してくれている。「これを変えるつもりは更々ない。資本構成が変わって、上場廃止になるだけだ」と米本社側は強調している。

――社内外の反応はどうか。

どういう風に反応するのか、心配もあった。われわれの力の源泉はパートナー、つまり、現場の従業員だ。彼らがどういう受け止め方をするのか。リリース発表後、行ける店舗には行き、電話もかけまくった。本社で社員全員を集めて事実関係を伝えたり、先日は大阪のオフィスに行ってきたり。こういうアクションの中で、皆に「何も変わらないよ」と伝えた。ネガティブな反応はなかった。

次ページメリット、デメリットは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?