スタバ、"一味違う"10月値上げのカラクリ

主因は原材料価格の上昇にあらず?

定番商品である「スターバックス ラテ」など12商品を全サイズ一律で値上げする

過去の値上げとは“一味”違うようだ――。スターバックス コーヒー ジャパンは10月1日から「スターバックス ラテ」や「カプチーノ」など12種類の商品を全サイズ一律で10円値上げする。

スタバはこれまでにも何度か価格改定を行ってきた。2008年7月には、コーヒー豆など原材料価格の高騰を受け、ラテやフラペチーノなど定番商品を中心に10~30円の値上げを実施した。

2011年2月にも、ショートサイズの価格を10~20円値上げしている。ただし、このときは商品サイズ間の価格差を縮める(50円→40円)のが目的で、大きなサイズは逆に値下げした。

"一味"変えるための値上げ

今回の値上げについて、会社側は「原材料高騰によるものではなく、あくまで商品の改良によるところが大きい」(広報)と強調する。何を改良したかといえば、具体的にはエスプレッソドリンクと合わせるミルクである。

商品刷新に当たって、ミルクは高級カップアイス「ハーゲンダッツ」などの原料を手掛けるタカナシ乳業と開発した。脂肪分を従来比で0.4ポイント多い3.7%まで高めた。コクを増す一方で、後味はすっきりさせたという。最初の構想から1年で商品化にこぎ着けた。

次ページ"好調"スタバが抱える課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT