スタバ、"一味違う"10月値上げのカラクリ

主因は原材料価格の上昇にあらず?

定番商品である「スターバックス ラテ」など12商品を全サイズ一律で値上げする

過去の値上げとは“一味”違うようだ――。スターバックス コーヒー ジャパンは10月1日から「スターバックス ラテ」や「カプチーノ」など12種類の商品を全サイズ一律で10円値上げする。

スタバはこれまでにも何度か価格改定を行ってきた。2008年7月には、コーヒー豆など原材料価格の高騰を受け、ラテやフラペチーノなど定番商品を中心に10~30円の値上げを実施した。

2011年2月にも、ショートサイズの価格を10~20円値上げしている。ただし、このときは商品サイズ間の価格差を縮める(50円→40円)のが目的で、大きなサイズは逆に値下げした。

"一味"変えるための値上げ

今回の値上げについて、会社側は「原材料高騰によるものではなく、あくまで商品の改良によるところが大きい」(広報)と強調する。何を改良したかといえば、具体的にはエスプレッソドリンクと合わせるミルクである。

商品刷新に当たって、ミルクは高級カップアイス「ハーゲンダッツ」などの原料を手掛けるタカナシ乳業と開発した。脂肪分を従来比で0.4ポイント多い3.7%まで高めた。コクを増す一方で、後味はすっきりさせたという。最初の構想から1年で商品化にこぎ着けた。

次ページ"好調"スタバが抱える課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。