すぐ「おなかが痛い」と小2娘が訴える本当の理由

児童精神科医が子育てに悩む親へ伝えたいこと

子育ての悩みに答えながら、多くの親たちを励ましつづけるメッセージ(写真:Rina/PIXTA)
「いい子だから、かわいがるのではありません。かわいがるから、いい子になるのです」
「子どもを幸せにするのなんてとても簡単なことですよ。親が笑顔ならそれだけで子どもは幸せなのです。自分が親を幸せにしたと思って自信たっぷりに育っていくのです」
児童精神科医として40年以上、多くの子と親に接し、惜しまれながら2017年に逝去された佐々木正美先生のメッセージはいまなお、多くの親たちを励ましつづけています。
この子はこの子のままでいいと思える本』では、佐々木先生がいちばん伝えたかったことを、親御さんたちの悩み相談に答える形で伝えています。
本稿では同書から一部を抜粋・編集のうえ、お届けします。

相談1:すぐ「おなかが痛い」と訴える娘

娘の体調不良は寂しい思いをさせたせい?
(小2と年少の女の子の母)

小2の娘は毎日のように「足が痛い」「おなかが痛い」などと、体のどこかが痛いと訴えてきて、何度も熱をはかったり、手足に湿布を貼ったりしています。実際、月に数回は微熱を出します。学校でもよく保健室に行き、先生に面談で「何かのサインでは?」と言われました。

普段から、年少の妹より大きな声で泣くことがあります。宿題などやるべきことがたくさんあると、ギャーギャーと声を出してめんどうくさがるので、わたしもつい大きな声で怒ってしまいます。そのため、娘もよけい怒りっぽくなっているのでしょう。

原因は、わたしの愛情不足によるものではないか、と思っています。娘が幼かった時期にわたしが入退院を繰り返したり、下の子に手がかかることで寂しい思いをさせたりしてきました。

最近は学校や習い事に行きたがらなくなり、このまま不登校になるのではないかと心配です。

次ページ佐々木先生のアドバイスは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT