中国スマホOPPO、半導体「独自開発」にかける野望

初の画像処理チップ発表、旗艦スマホに搭載へ

OPPOは多数の半導体メーカーからエンジニアをスカウトし、独自チップの開発部隊はすでに2000人超の規模になっている(写真は同社の海外向けウェブサイトより)

中国のスマートフォンメーカーが「独自開発」の半導体を続々とお披露目している。スマホ大手のOPPO(オッポ)は2021年12月14日、画像処理専用のニューラル・プロセシング・ユニット(NPU)の「MariSilicon(マリシリコン)X」を発表した。このチップを旗艦スマホ「Find(ファインド)X」シリーズの新製品に搭載し、2022年1~3月期に発売する。

初の自社開発チップにNPUを選んだ理由について、OPPOのプロダクト担当シニアディレクターを務める姜波氏は次のように述べた。

「スマホの動画撮影には、人工知能(AI)による膨大な演算処理能力と優れた省電力性能(の両立)が必要だ。しかし、現時点で入手できるチップでは(OPPOの要求水準に)対応できないため、自社開発を決断した」

OPPOの説明によると、同社が開発したAIノイズ低減アルゴリズムを実行するケースでは、MariSilicon Xはアメリカのクアルコムのスマホ用ハイエンドSoCである「Snapdragon(スナップドラゴン)888」の20倍の処理速度を発揮し、なおかつ消費電力を50%以上減らせるという。

(訳注:SoCはシステムオンチップの略称。CPU、通信モデム、画像処理回路などの基幹機能を1つのチップにまとめたもの)

最終目標は独自SoCの実現

OPPOだけではない。2021年3月には小米(シャオミ)が、同年9月にはvivo(ビーボ)が、それぞれ独自開発したスマホ用の画像処理半導体を発表した。OPPOが開発したNPUを含めて、これらのチップは他社製のSoCと組み合わせて搭載することでスマホの機能を拡張できる。また、開発のハードルはSoCより低いとされている。

とはいえ、OPPOの野望はNPUの開発だけにとどまらない。財新記者が半導体業界の複数の関係者に取材したところ、同社はすでに(次世代の微細加工技術である)3ナノメートルのプロセス技術を採用する独自SoCの開発に着手していることが明らかになった。

本記事は「財新」の提供記事です

「OPPOの半導体開発部隊はすでに2000人超の規模になっている。エンジニアたちは多数の大手半導体メーカーから移籍してきており、開発経験も豊富だ」。同社の内情に詳しい関係者は、そう証言した。

この関係者によれば、OPPOの半導体開発の最終目標は独自SoCを手にすることだ。しかし現時点では、知的財産権のライセンス取得など(SoCの開発に不可欠な)事前準備がまだ完了していない。また、OPPOが組織としての開発経験を積む必要もあるため、「まずは小手調べに、難易度が相対的に低いNPUの開発からスタートした」という。

(財新記者:翟少輝)
※原文の配信は2021年12月15日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT