中国スマホ「栄耀」の市場シェアが急回復の背景

ファーウェイから独立後、生産・販売網を再構築

ファーウェイから独立した栄耀はハイエンド市場への進出を狙っている。写真は2021年8月に投入した新型スマホ「Magic3」(同社ウェブサイトより)

中国のスマートフォン・メーカー「栄耀(Honor)」の市場シェアが急回復している。同社のCEO(最高経営責任者)を務める趙明氏は9月22日、新型スマホ「Magic3」シリーズに搭載する画像処理技術の発表会で、中国国内でのスマホの市場シェアが16.2%に達したと述べた。これは過去最高記録だった16.7%に迫る水準だ。

栄耀は2020年11月まで、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のサブブランドであり、中低価格帯のスマホを主力にしていた。しかしアメリカ政府の制裁の影響でファーウェイは半導体の調達が困難になり、栄耀の事業部門を社員丸ごと切り離す苦渋の決断を下した。

ファーウェイから独立した栄耀は、スマホの生産・販売に不可欠なサプライチェーンを再構築する必要に迫られた。この過渡期には、中国での市場シェアが一時3%まで下落した。しかし、その後は取引先との関係が徐々に安定。2021年6月と8月に新型スマホ2機種を発売すると、ユーザーの好評を得てシェアが急上昇した。

「来年の販売台数が大きく増えるのは間違いない」。9月22日の発表会の後、記者たちの取材に応じた趙氏はそう胸を張った。だが販売増加の度合いについては、具体的な見通しは示さなかった。

画像処理技術でハイエンド市場に照準

独立後の栄耀は、スマホのハイエンド市場への浸透を目標に掲げ、「(ユーザーから高い評価を得ていた)ファーウェイのハイエンド機種やアップルのiPhoneと肩を並べるスマホを作りたい」と公言している。8月に投入した前述のMagic3シリーズは、その第1弾である。

9月22日の発表会で、栄耀は新開発のコンピューテーショナルフォトグラフィー技術(訳注:コンピューターによる高度な画像処理を前提にした写真撮影技術)を披露した。この技術は遠隔アップグレードを通じてMagic3のユーザーに提供される。より鮮明な写真を(さまざまな条件下で、ユーザーの思いどおりに)撮影できる機能を高めることで、栄耀のハイエンド機種の競争力を強化するのが狙いだ。

本記事は「財新」の提供記事です

趙氏によれば、新たなコンピューテーショナルフォトグラフィー技術はもともと次世代のMagicシリーズに搭載する予定だったが、開発が実用レベルに達したと判断し、前倒しでリリースしたという。「われわれの優れた製品、技術、革新性、使い心地などを、すべてのスマホユーザーに試してもらいたい」。趙氏はそう意気込みを語った。

(財新記者:何書静)
※原文の配信は9月23日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT