中国シャオミ「スマホ半導体」自社開発に再挑戦 エンジニアの確保狙い、上海に新会社を設立

✎ 1〜 ✎ 744 ✎ 745 ✎ 746 ✎ 最新
拡大
縮小
シャオミが2017年に製品化した初のスマホ用SoC「澎湃S1」は、商業的には成功しなかった(写真は同社ウェブサイトより)

中国のスマートフォン大手の小米(シャオミ)が、スマホ用半導体の独自開発への再挑戦に乗り出した。12月7日、上海市で玄戒技術という名称の企業の設立登記が行われ、中国政府の企業登記情報サイトで基本情報が開示された。財新記者の取材によれば、この新会社はシャオミがスマホの心臓部であるSoCの開発拠点として設立したものだ。

(訳注:SoCはシステムオンチップの略称。CPUや通信モデムなどの基幹機能を1つの半導体チップにまとめたもの)

登記情報によれば、玄戒技術の事業内容は「集積回路の設計および関連サービス、集積回路のチップおよび製品の販売」となっている。法定代表者には曾学忠氏、監事には劉德氏の名前が記されており、2人はいずれもシャオミの上級幹部だ。

シャオミの内情に詳しい関係者によれば、開発拠点を上海に設立したのは「半導体産業の環境が(他の地域より)相対的に成熟しており、SoCの設計に携わる優秀なエンジニアを確保しやすいと判断したため」だという。なお、財新記者は事実関係についてシャオミに問い合わせたが、12月10日までの時点で回答は得られなかった。

独自SoCによる差別化は「茨の道」

シャオミにとって、スマホ用SoCの開発は初めてではない。同社は2014年に半導体設計会社の小米松果電子を北京市に設立。2017年に初の独自SoC「澎湃S1」を発表し、自社製の低価格帯のスマホに搭載した。しかし市場の反応は芳しくなかった。スマホ業界の関係者によれば、澎湃S1は「動作の安定性に問題を抱えていた」という。

その後、業界内では「シャオミは独自SoCの開発を中止した」との観測が流れていた。だが前出のシャオミ関係者によれば、それは事実に反するという。「実際には後継SoCの『澎湃S2』の開発を進めていた。しかし最終的に製品化には至らなかった」。

スマホメーカーにとって、SoCの独自開発はスマホの機能を差別化するための戦略的手段の1つになっている。だが、それを実現するのは容易なことではない。半導体業界に詳しい専門家は次のように指摘する。

本記事は「財新」の提供記事です

「スマホ用SoCは、数世代の製品開発を通じた検証と改良を経なければ、成熟度を上げるのは難しい。さらに(他社が保有する)知的財産権の問題も避けて通れない。開発プロジェクトをゼロから立ち上げるのは茨の道だ」

(財新記者:翟少輝)
※原文の配信は12月10日

財新 Biz&Tech

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ザイシン ビズアンドテック

中国の独立系メディア「財新」は専門記者が独自に取材した経済、産業やテクノロジーに関するリポートを毎日配信している。そのなかから、日本のビジネスパーソンが読むべき記事を厳選。中国ビジネスの最前線、イノベーションの最先端を日本語でお届けする。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT