中国シャオミ「スマホ半導体」自社開発に再挑戦

エンジニアの確保狙い、上海に新会社を設立

シャオミが2017年に製品化した初のスマホ用SoC「澎湃S1」は、商業的には成功しなかった(写真は同社ウェブサイトより)

中国のスマートフォン大手の小米(シャオミ)が、スマホ用半導体の独自開発への再挑戦に乗り出した。12月7日、上海市で玄戒技術という名称の企業の設立登記が行われ、中国政府の企業登記情報サイトで基本情報が開示された。財新記者の取材によれば、この新会社はシャオミがスマホの心臓部であるSoCの開発拠点として設立したものだ。

(訳注:SoCはシステムオンチップの略称。CPUや通信モデムなどの基幹機能を1つの半導体チップにまとめたもの)

登記情報によれば、玄戒技術の事業内容は「集積回路の設計および関連サービス、集積回路のチップおよび製品の販売」となっている。法定代表者には曾学忠氏、監事には劉德氏の名前が記されており、2人はいずれもシャオミの上級幹部だ。

シャオミの内情に詳しい関係者によれば、開発拠点を上海に設立したのは「半導体産業の環境が(他の地域より)相対的に成熟しており、SoCの設計に携わる優秀なエンジニアを確保しやすいと判断したため」だという。なお、財新記者は事実関係についてシャオミに問い合わせたが、12月10日までの時点で回答は得られなかった。

独自SoCによる差別化は「茨の道」

シャオミにとって、スマホ用SoCの開発は初めてではない。同社は2014年に半導体設計会社の小米松果電子を北京市に設立。2017年に初の独自SoC「澎湃S1」を発表し、自社製の低価格帯のスマホに搭載した。しかし市場の反応は芳しくなかった。スマホ業界の関係者によれば、澎湃S1は「動作の安定性に問題を抱えていた」という。

その後、業界内では「シャオミは独自SoCの開発を中止した」との観測が流れていた。だが前出のシャオミ関係者によれば、それは事実に反するという。「実際には後継SoCの『澎湃S2』の開発を進めていた。しかし最終的に製品化には至らなかった」。

スマホメーカーにとって、SoCの独自開発はスマホの機能を差別化するための戦略的手段の1つになっている。だが、それを実現するのは容易なことではない。半導体業界に詳しい専門家は次のように指摘する。

本記事は「財新」の提供記事です

「スマホ用SoCは、数世代の製品開発を通じた検証と改良を経なければ、成熟度を上げるのは難しい。さらに(他社が保有する)知的財産権の問題も避けて通れない。開発プロジェクトをゼロから立ち上げるのは茨の道だ」

(財新記者:翟少輝)
※原文の配信は12月10日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT