社会人10年目「転職すべき人」とそうでない人の差

最初の転職の年齢が高いほど変化対応は難しい

キャリアビジョンが見えない、転職すべきか迷っている……社会人10年目のキャリアの悩みを乗り越える方法(写真:akeuchi masato/PIXTA)
「10年働いたのに、誇れる仕事が何もない」「今の会社に留まるべきか、転職するか迷う」「マネジメントをしようにも、価値観の違うメンバーに困惑する」など、社会人10年目くらいの中堅社員には、経験を積んできたからこそぶつかる、新しい壁があります。
『社会人10年目の壁を乗り越える仕事のコツ』では、大企業やスタートアップ、日系企業や外資系企業など、様々な環境に身を置いた人材育成の専門家が、より良いキャリアを築くために大切にしたい「考え方」と「行動」のヒントを紹介しています。
本稿では同書より一部を抜粋しお届けします。

悩み1:キャリアビジョンが見えない

「自分の最期」を想像するとビジョンが見えてくる。

自分がキャリアを通じて、何をしたいのかがわからない。

そんな悩みを持つ人も多いですね。あるメガベンチャーの経営者はこれを〝ビジョン無い症候群〞と呼んでいました。言いえて妙ですね。世の中で一般に「キャリアビジョンを持たなければならない」と言われるから、ついそれに流されて「ビジョンが無いことそのものを悩んでいる症状」と整理しているわけです。

キャリアビジョンは、無いよりはあったほうがよいです。ビジョンとは目標です。目指すところがあるほうがそちらに向かいやすいですよね。

しかし、無くても悩む必要はありません。

あの孔子様ですら、15歳で学問を志してからも、40歳まで惑いつづけ、50歳でやっと天命を知ったそうです。2500年前の中国の平均寿命は知りませんが、現代だったら何歳でしょうか。キャリアビジョンが無いからといって、焦らなくてもいいのです。探すことを諦めなければ。

ただ、漠然とでも少しずつビジョンが見えてきたほうが、正しい努力にもつながるのも事実。そんなときに「おそらくこっちの方面がやりたいことだ」と気づくことができる方法を2つご紹介します。

次ページ「自分の葬式の弔辞」をシミュレーションしてみる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT