日本人と世界が知るべき経済学とモデルの限界

良い経済学者と悪い経済学者を見極める方法

経済学と経済学者にできることはなんでしょうか?(写真:metamorworks/iStock)
NHK「欲望の資本主義」シリーズ(書籍では『欲望の資本主義』『欲望の資本主義2』など)にたびたび登場し、異色の経済学者として論陣を張る若き俊英、トーマス・セドラチェク。
20代でチェコ共和国大統領の経済アドバイザーを務め、欧州を驚愕させた異彩の第一作であり、15言語に翻訳され、日本でも話題となった『善と悪の経済学』から、その経済学観を抜粋・編集してお届けする。

ウィトゲンシュタインの名言

生きている世界では、科学は沈黙する。

『善と悪の経済学』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

このことをみごとに言い表したのが、ウィトゲンシュタインの代表作『論理哲学論考』の有名な最後の文章だーー「語り得ないことについては、人は沈黙せねばならない」。

ウィトゲンシュタインは、モデルが持つ逆説的な無意味さに気づいていた。モデルはよじ上る足場としては有用だが、がらんどうだということである。現実世界の問題は、示すことはできても具体性を欠き、問いも答えも受け付けない。生きている現実の世界というものは、抽象的には捉えられないのだ。調整や省略なしで現実世界の複雑性を表せるモデルは、存在しない。

チェス盤には64のマス目がある。真四角で、白と黒が互い違いに規則正しく配置されている。盤上の駒の動きは、議論の余地のない明確な規則に支配されており、投了後にゲームの進行を逆向きに再現することさえ可能だ。

チェスを考案し、ルールをつくったのは人間である。チェス好きの友人は、チェス盤の横に飲み物を置き、そのテーブルを「65番目のマス」と呼ぶ。この65番目のマスは、実際にはチェス盤を除いた全世界だ。

次ページ経済を構築したのは経済学者ではない
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT