他人が理解しづらい「生理痛」軽減する3つの方法

生涯の月経回数がここ100年で4倍になっている

一生涯の月経回数がここ100年で4倍にもなっているそうです(写真:topic_kong/PIXTA)

みなさんは、生理(月経)について悩んだり、相談を受けたりした経験はありますか? 男性の方は、自身に経験はなくともパートナーや家族など、周囲に悩んでいる人を見たことがあるでしょうか。

近年は昔と比べて、一生涯の月経回数がここ100年で4倍にもなっているといわれています。この理由は、妊娠中は月経が来ないことと関連しています。昔は未成年で妊娠することが当たり前の時代がありましたが、昨今は女性の社会進出に伴い、初妊娠年齢の高齢化が進んでいます。また、妊娠しない選択をする方が増えたこと、また子どもは1人でよいと思う方が増えたことも理由として考えられます。

体質ではなく、れっきとした婦人科疾患

このように、月経は身近な存在になっているといえますが、月経に関する悩みは、ただでさえデリケートな話題のため周囲に話しづらく、さらに症状も人それぞれであるため理解されにくいことから、つらい症状を我慢している方は少なくありません。

この連載の一覧はこちら

しかし、月経痛や月経不順は単なる体質ではなく、れっきとした婦人科疾患であり、治療することができます。自分の月経をコントロールするためにも、また周囲の悩んでいる人にアドバイスするためにも、男女問わず正しい知識を知っておく必要があります。

まず、「普通の月経」はどのように定義されるのでしょうか? 正常な月経は、医学的には「月経初日から次の月経までが25~38日であり、月経の期間は3~7日」と定義されています。これを見ただけでも日数にかなりの幅があることがわかります。さらに、痛み(月経痛)については医学的な定義はありません。月経中ずっとお腹が痛い人もいれば、1日目だけ痛みを感じるだけの人もいます。痛みの程度も幅が大きく、起き上がれないほど痛みが強い人もいれば、鎮痛薬を飲まなくてもなんとか我慢できる程度の人もいます。

また、月経は痛みのような身体的なつらさだけではなく、精神的なつらさもあります。

女性の方は、ある日突然原因もわからずイライラしたり涙が出たりして、なんとなくだるくて仕事のパフォーマンスが上がらないと思っていたら、数日たって月経がはじまるとともに症状が落ち着いた……という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか? こうした月経前の身体の不調はPMS(月経前症候群)と呼ばれており、月経のある女性の70~80%に月経前に何らかの症状があるとされています。

次ページ月経のつらさを軽減する方法
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT