「食べる」より「出す」ことが何より快感になった日

完璧にスッキリを実現するたった2つの習慣

小豆入り玄米、梅干し、すりごま。これさえあればと思えるイージーな安心感は宝物!(写真:筆者提供)
疫病、災害、老後……。これほど便利で豊かな時代なのに、なぜだか未来は不安でいっぱい。そんな中、50歳で早期退職し、コロナ禍で講演収入がほぼゼロとなっても、楽しく我慢なしの「買わない生活」をしているという稲垣えみ子氏。不安の時代の最強のライフスタイルを実践する筆者の徒然日記、連載第23回をお届けします。

健康とは情報やお金でなく「習慣」で手に入れるもの

お金を使うより使わないほうがずっと健康になれた!……という驚愕の体験を、前回、前々回と綴らせていただいた。

稲垣えみ子氏による連載23回目です。

しかし改めて考えるに、これは当たり前といえば当たり前のコトなのかもしれない。

人とて一つの生き物であり、生き物とは本来「健康」にできているのだ。生まれながらにして、健康をキープする仕組みを備えているのであります。「自然治癒力」ってやつですね。

例のコロナにしたってワクチンばかりが注目されるが、我らの体はそもそも自然免疫という能力を備えていることも忘れちゃいけない。要は、余計なことをせず自然に健全に生きてさえいれば、生き物はおおむね健康でいられるはずなのだ。

だがこの「余計なことをせず自然に健全に」っていうのが、現代人においてはまったく簡単じゃない。そう「欲」というやつが邪魔をするのであります。あれもしたい、これも食べたい、あれも欲しい……という、自然な生活では飽き足らない欲望は、果てしなく我らの心をワシ掴む。

なのでそれをせっせと買っていると、どんどん生活はオプションだらけになって不自然になっていき、しかもそのお金を稼ぐには当然それなりのストレスが生じるわけで、さらに自然な生活は遠くなり……ってことを繰り返しているうちに、我らはいつの間にか、余計なことをしなければ本来誰もが持っているはずの「健康」ってものが、えらく複雑で難しい、お金がなければ、情報がなければ手に入らないスペシャルなものだと思い込むようになってしまった。

……ということを、今の私は知っている。

というわけで、ただ欲を遠ざけて健康的な生活を送るという、消極的かつ超安上がりな手段により、着々とちゃっかり健康を手に入れる日々であります。そう健康とは情報やお金で手に入れるものではなく、毎日の習慣により積み上げていくものなのだ。

次ページ健康は自分の力で作り上げることができる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT