岩澤信夫 その4【全4回】 田んぼはコメの工場ではない 生き物の命を預かる場所だ

私たちの“耕さない田んぼ”には、耕す田んぼとは比べものにならないほどたくさんの生き物がいます。それらは子どもたち、孫たちに申し送らなくてはいけない日本の大事な遺産だと思っています。

植物プランクトンが豊富な“耕さない田んぼ”は、サヤミドロという藻が大量に発生します。これらが光合成を行い、水の中に酸素を溶け出します。酸素の多い水は生き物の格好の住みかですから、やがてミジンコや微生物が発生します。そして、それを食べるタニシやオタマジャクシが現れます。

そうした食物連鎖で生き物がどんどん増えていきます。初夏に田んぼを歩くと、たくさんのトンボで景色が霞むほどです。稲刈りの時期にはサギも来ます。

こうした生き物いっぱいの田んぼを、市民農園でできればとチャレンジを始めました。

畑には市民農園がありますが、田んぼにはありません。育苗など熟練した農業技術が必要だからです。しかし、1カ月かけて苗を育てるといったことは、私たちプロの農家が行い、田植えや若干の草取り・稲刈りは市民が行うという形の市民農園を試験的に始めました。

今年は10人ばかりでやっていますが、将来的には400~500人ぐらいでやりたいと思っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。