岩澤信夫 その3【全4回】 周りの農家に“堕農”と言われても貫き通した

私は日本不耕起栽培普及会を1993年に立ち上げました。田んぼを耕さず、農薬も肥料も使わずに、安全で高く売れるおコメを作る農法を普及させるためです。現在の会員は300人余り。教えた人は2000人ぐらいいますが、実行する人は、まだわずかです。

おコメを作るのは年に1回。試しにやって失敗したら、来年1年間の自分の経済に響きます。だから農家は新しいものに飛びつきにくいのです。そのうえ私の農法は農作業が少ない。コメ作りでは、草取りを何度もし、虫一匹いないようなきれいな田んぼを作る人が“精農家”として評価されます。ところが私の農法は、耕さなくていいし、草取りもほとんどしない。こうしたやり方は、古くから田んぼをやっている人からすれば“堕農”です。そんな方法には、チャレンジしづらいのです。

仮にやってみようという人がいても、周りの人たちが悪口を言います。特に女性群からの声が厳しい。耕さない田んぼを見て、「あそこの家の旦那、どうかしてるんじゃないの」と陰口をたたく。そう言われていると知った奥さんはつらくなり、「もうやめようよ。元のやり方に戻そうよ」と夫婦で口論になる。そして結局は頓挫してしまう。そういう例がたくさんありました。

農家の人の多くは、マインドコントロールをされていると思います。これまで農協などが指導してきた、農薬や肥料やトラクターを使う農法がいちばんいいと思っている人が多い。私の農法はすべてその反対ですから、実行しにくいのでしょうね。農薬や肥料やトラクターのメーカーや販売店の仕事も減ってしまうし。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT