「自己肯定感が低い人」に見られる歪んだ恋愛行動

相手が好きなのに不誠実な行動をしてしまう

これらの特殊形として、「死んだふり」があります。自分の心のスイッチを切ることで、相手から逃げるのです。このプロセスは多くの場合、意図的ではなく反射的に起こり、自動的に進行していきます。

この防衛戦略を使う人は、人間関係で「もう無理」と感じると、心がオフラインになるのです。オフラインになっていることは相手にもはっきりと伝わります。解離傾向のある人は、自分の内面の世界と外の世界を区別することがなかなかできません。他者の感情のゆれと気分を、自分の心の中に思いっきり受け入れてしまい、それらの責任が自分にあると感じてしまうのです。心のアンテナがずっと受信状態のままなので、人づき合いが大きなストレスになります。

また、こうした人は自分の心が穴だらけで、心の中のことが他者に漏れ出てしまうのではないかと感じています。それゆえ自分の心を閉ざす「内面的な退却」で自分の身を守ろうとし、さらに外の世界でも退却しようとするのです。このような解離傾向がある人のモットーは、「1人でいるときが一番安全」。なぜなら、その人は子ども時代に「人間関係=ストレス」という経験をしたからです。

子どものころに、助けを必要とするか弱い母親(あるいは父親)と自分とを引き離して考えることができない状況だったか、あるいは両親を恐ろしいと思っていたのです。また、トラウマがある人もこの解離の状態になることがよくあります。

「自分はそのままでも大丈夫だ」と理解する

退却がとても有意義な防衛戦略であるとしても、こういう人はときどき「まぼろし」からも逃げてしまっています。まぼろしであって実態がないのですから、身を隠す必要はまったくないのです。そこで、まずは「自分はそのままでも大丈夫だ」ということを繰り返しはっきりと伝えていきましょう。

そして、「自己主張したり抵抗したりしてもいい」ということを自分に理解させるのも、とても大切です。自分の権利や願望、欲求をもっと主張できるようになったら、人と接しているときに、もっとのびのびとして、自信を持てるようになるでしょう。

親の望みに従うよう厳しく育てられている子どもは、適切な方法で自己主張することができなくなっていきます。その代わりに、親の気分と願望に素早く反応できるよう、自分のアンテナを伸ばしておくことを覚えていきます。子どもにとって、親の規準を高圧的に押しつけられるのは当然つらいことですが、それよりももっとつらいのは、親の願望通りにふるまわないと親から「あなたにはがっかりした」というメッセージが送られてくることです。

次ページ恋人がそばにいると「ストレス」に感じる理由
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT