「自己肯定感が低い人」に見られる歪んだ恋愛行動

相手が好きなのに不誠実な行動をしてしまう

なぜなら、1人でいるときにだけ、自由に決定したり行動したりしてもいいと思っているからです。他者が近くにいるかぎり、「自分は他者からの期待に応えなければならない」という、子ども時代からのプログラムが発動してしまうのです。

逃避行動をとるといっても、必ずしも孤独へと逃げ込む必要はありません。仕事や趣味、インターネットへ逃げることもできます。こうした活動への逃避でも、関わりたくないことから目をそらすという目的は果たせます。そして、こういった活動への逃避によって、自分が抱える苦悩も意識しなくて済むようになります。だからこそ、自分が逃避していることに気づかないのです。

確かに、四六時中忙しくしていると、自己不信と不安からうまく目をそらすことはできます。

逃げ続けると、ますます怖くなる

ただし健全な逃避と不健全な逃避の差は、紙一重。「目をそらすこと」は、ネガティブな状態から解放される非常に有意義な手段ですが、目をそらすことによって実際の問題が大きくなり続けるとしたら、その問題をきちんと受け止めるべきです。

そのための最初のステップとして、まず一度、「私は問題を抱えている」ということを認める必要があります。これは、問題を解決するためのもっとも重要な、もっとも基本的なステップになります。

私たちは、「怖いな」「やりたくないな」と感じる状況や行為を回避しようとしますが、問題は、回避するとそうした気持ちが一層強まるということです。「やりたくないな」と感じるたびに課題を先送りしていると、課題の山はどんどん大きくなり、それに伴い「やりたくない」気持ちが強まっていきます。不安も、回避することが多ければ多いほど強まります。

要は、同じような状況を回避していると、「この状況を克服できない」という思いが強まってしまうのです。それは、回避するたびに脳が不安や「やりたくない」気持ちがあることを認めてしまうからであり、また、回避していると「いつかは克服できるかも」と思えるような経験も積めないからです。

そのため、不安であっても回避せずに挑んでいくことも大切です。うまく挑んでいくことができたら、そのような自分をとても誇りに思うでしょう。そして、同じような状況に再び遭遇しても、その際の不安は以前よりもはるかに少なくなるはずです。

次ページ「死んだふり」をして相手から逃げる人
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT