残念!ランチで「うまい寿司」が食えない理由

ヤバい「1万円高級寿司」の裏側【後編・完結編】

次回は「ウマすぎる超人気回転寿司」を実名紹介!のはずが……

(後日談)
N君:大手回転寿司チェーンの食べ比べ2軒、「回らない」寿司の食べ比べ2軒が、ようやくこれですべて終わりました。寿司シリーズはこれにて、いったん完結です。「寿司屋に行ったら、イカの切れ目が気になって仕方がない(笑)」「読んでいたら、寿司が食べたくなった」「寿司を手で食べるなんて当たり前じゃないか」など、いろいろな読者の声や反響が多くて楽しかったですね。「こんな人とは一緒に外食したくない」という声もありましたが(苦笑)。
河岸:記事にするために、細かい点を指摘しているだけであって、普段は黙々と食べているけどね(笑)。何はともあれ、寿司シリーズは合計350万PV(ページビュー)みたいで、多くの人に読んでもらってありがたかったね。東洋経済オンラインも、8月は過去最高の月間5500万PV(7月)を2カ月連続で更新して、約5800万PVだったみたいだし。
N君:その大好評を受けて、前回の予告どおり、番外編で「ウマすぎる回転寿司」を実名紹介しようかと思い、先日、突撃取材をしてきました! 夕方5時に行っても2時間以上は待つけど、「1人3000円で高級店並みのおいしさ」と評判の、東京初進出の「あの超人気の回転寿司店」に。
河岸:そこを実名で絶賛するはずが……、サッパリだったね。
N君:まあ、1人3000円という値段を考えると普通においしいとは思いますが、2時間並ぶことを考えると……。ただ、小さな子どもたちが大勢、楽しそうに待っていたのを見たので、「2時間待ちの『人気回転寿司』をメッタ斬り!」という記事にするのも、なんだか心苦しいですよね……。マズいわけじゃないので。
河岸:もう1回あらためて確認のために食べに行って、そのうえで「メッタ斬り」するか「やっぱりオススメ」するか、また考えよう。次回作の本だけに収録してもいいし、「書いてほしい」という声が多ければ、ここで取り上げてもいいしね。

 

というわけで、これにていったん寿司シリーズは完結です。

次回は「立ち食いそばをうまく食べる方法」にするか「ヒドすぎる『1串500円焼き鳥』の裏側」にするか、はたまた違う店にするか、N君と打ち合わせをしているところです。ぜひリクエストがあれば、ネット上に書き込んで、みなさんの声をお寄せください。

次回は2週間後にアップする予定です。楽しみにお待ちください。

(次回は2週間後、2014年9月18日木曜日、公開の予定です)

5万部のベストセラーになっている新刊はこちら→『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』 900円(税別)とお買い得の1冊です!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。