「おすそ分け」を始めた私が得た「思わぬ副産物」 物のやり取りがお互いの「空気」を変化させる

印刷
A
A

このリストにあるお店は、そもそも何度か通ってわずかながらも顔見知りになっていた店で、だからこそ「もらっていただく」ことができたのだと思う。

だってお金で買うのとは違い、どこの誰ともわからぬ相手からもらった食べ物など怖くて食べられないではないか。つまりは、もらっていただけるというのは「あなたを信頼しています」というメッセージなのだ。

そう思えば、私のごとき怪しい外見の怪しい女から躊躇なくものをもらってくださった方々の心の大きさを思わずにはいられない。そして、そもそも差し上げたものがちゃんと食べられたか、美味しかったかのフォローをした私も偉かったと思う。その一つ一つの行為が、お互いの信頼の積み重ねだったのだ。

これは、お金のやり取りだけでは得られないことである。

ものをあげるというパワー

誤解なきよう言っておけば、もちろんお金のやり取りは大事だ。こうしたお店も、お客がいてちゃんとお金を払っているから成り立っているのである。もちろん私も客の一人としてお金を使う。

でももしかすると、人が助け合って生きていくためには、お金のやり取りだけでは「十分」ではないんじゃないだろうか? お金を介さないモノのやり取り、信頼のやり取りがあって初めて、人と人の関係が完成していくんじゃないだろうか?

昔、モノがなく不便だった時代は、そんなこと意識しなくても人は自然に助け合い信頼を築くことができたのだろう。でも今は、普通に生きているだけではお金という便利なものについ依存してしまう。だからみんな孤独なんじゃないだろうか?

ものをあげるというパワーは、実はものすごく侮れないのかもしれないと思う今日この頃である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT