「おすそ分け」を始めた私が得た「思わぬ副産物」 物のやり取りがお互いの「空気」を変化させる

印刷
A
A

ど、どうしよう……。

ここに引っ越してくる前ならば、例のフリーボックスを置いているパン屋さんという強い味方がいた。しかし今や、縁もゆかりもない場所にポツンと一人。友達もいなければ、会社を辞めたので同僚もいない。

そう改めて考えると、人様にものを差し上げるというのはまったく簡単じゃないことなのであった。

そもそも、これといった理由、つまりはお祝いでもなく何かのお礼でもなく、赤の他人に突然モノを差し上げた経験など半世紀生きてきてゼロである。一体誰に、どんなカオして、どんな前口上でモノを持っていけばいいのだろう?

それに、これほど物があふれた時代なのだ。「もらえるものならなんでもありがたい」という人などそうそういない。どんな「良いもの」も、不要な人に押し付ければ多大なるメーワクである。

……などと考えれば考えるほど、これはあまりにも難しいプロジェクトのように思えてきた。

とはいえ、わが家にはすでにいただき物の酒瓶が数本散乱しており、さらには例のパン屋さんから大量のパンをもらってしまうという一刻を争う緊急事態が発生するに至り、グズグズ言っているヒマはなくなってしまった。

お米屋さんに大量のパンをおすそ分けしてみたら

切羽詰まって頼ったのが、近所の店である。

わが家の近所には小さな個人店が何軒かあり、そこでちょこちょこ買い物をしていたので、わが唯一の「知り合い」といえば、お店の人しかいなかったのだ。知り合いと言っても「うっすい顔見知り」程度ではあったが、それでも他に頼る先が思い浮かばなかった。

というわけで、意を決して向かったのが、わがマンションのすぐ向かいにあるお米屋さんである。

奥から「いらっしゃい」と出てきたご主人に、慌てて「あ、すみません。買い物じゃないんですが……」と言い訳するだけで変な汗が出てくる。何しろ初めてのことなのだ。

「えーっと突然なんですけど、パンってお好きですか……?」と口に出してしまってから、あちゃー私ってば何を言うておるのかと気づくももう遅い。米屋といえば、炭水化物の王者の地位をパン屋と争う存在ではないか。

つまりはパンは最大のライバルであり敵なはず。その方に向かってよりにもよって「パンはお好きですか」とは……まるで喧嘩でも売りに来たみたいじゃんと焦っていると、ご主人、あっさりと「え、パン? 大好き!」とおっしゃるではないか。

次ページ次のターゲットは豆腐屋
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT