ワールドカップで50型級大画面テレビが激売れの中国、その意外なワケは…

山谷剛史  ライター

 中国は、今回のワールドカップは、残念ながら予選敗退となってしまい、本大会は蚊帳の外であった。が、それでも各国の試合に多くの人々がくぎ付けとなった。

ワールドカップ人気に便乗すべく、アパレル、飲料、車、パソコンや携帯電話などのIT機器、テレビなどのAV機器など、さまざまなジャンルの商品において、地場の中国企業を中心に、ワールドカップキャンペーンを行っていた。

さて、部品レベルも含めて日本と最も縁深いのはテレビであろうが、このテレビ市場のワールドカップ特需が「過去のイベント特需にないほど好調」、かつ「前例のない偏った売れ方」をしたのは非常に興味深い。

旧暦5月5日の端午節。今年は新暦の6月16日がその日に当たり、14日から16日までの3連休となった。6月11日からワールドカップが始まったこともあり、「今からでも間に合う新しいテレビでワールドカップ」とばかりに、家電量販店の「蘇寧電器」や「国美電器」などで、液晶テレビやプラズマテレビなどの買い替えを促すキャンペーンを行った。


 
 そしてその結果が、「大画面テレビばかりが飛ぶように売れる」というこれまでにない結果となったのだ。

中国メディア「新京報」の報道によれば、蘇寧電器ではテレビが前年同期比2倍以上の売れ行きを見せているという。しかも40インチ以上の薄型テレビが、薄型テレビ販売量の65%を占め、売り場では多くのバイヤーが大画面テレビを買おうと群がっているという。
 
 「大画面、それも46インチ、47インチ、55インチの売れ行きがいい」と蘇寧テレビ販売部経理が取材に応じている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT