年収300万円の男性と「アプリ婚」40歳女性の選択

遠距離、2回の結婚経験よりも重視したこと

肉食系女子が「自分の家族が欲しい」と「選ぶ」ほうから「選ばれる」ほうへシフトチェンジした結果……(イラスト:堀江篤史)

あなたが今から結婚相手を探すとしたら、「選ぶ」と「選ばれる」のどちらを取るだろうか。関西地方の大学で研究者として働いている井川千恵さん(仮名、40歳)は、「選ばれる」ほうにシフトチェンジして見事ゴールインした1人だ。

この連載の一覧はこちら

Zoom画面の向こう側にいる千恵さんは昭和時代の女優のような穏やかな外見。話し方も丁寧でこちらの話もよく聞いてくれる。いわゆる女子力が高めに感じるが、本人によれば中身は「肉食系」らしい。

「20代後半まで博士課程の学生をしていて、論文の執筆などに夢中で結婚や子育てなどは考えていませんでした。私は気が強くて自分の好きなことを貫きたい人間なんです。恋愛も同じでガンガンに行きます。相手も同じぐらい肉食系じゃないとくっつきにくいです」

結婚を考えられる相手と付き合い始めたが

人は見かけによらないものだ。そんな千恵さんが激務で体調を崩し、「自分の家族が欲しい」と思ったのは30代半ばになってからのこと。友だちに紹介されて、自分からも「ガンガン」に攻めて付き合い始めた2歳下の男性と結婚を考える仲になった。

「でも、あるときに『価値観が違う』と唐突かつ一方的に婚約を破棄されてしまいました。彼が浮気相手との間に子どもができたことを知ったのは振られてから1年後です。彼はその相手と結婚しました。浮気や妊娠を早めにちゃんと話してほしかったですね。そうしたらすぐに諦められたのに……。女性として貴重な1年間を無駄にしてしまいました」

今から冷静に考えると、その男性とは確かに価値観が異なっていた。例えば彼は外国人観光客に対する差別的な発言が多く、千恵さんは納得できずに反論していた。「従順な妻」を求める彼とは合わなかったと千恵さんは分析して反省する。

「私が選ぶとチャラい雰囲気の人と出会いがちです。肉食系だけど誠実な人と結婚するには相手に選んでもらうべきだと思いました」

次ページ自分なりの方針を決めマッチングアプリを活用
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT