「月収18万の男性」と見合い結婚した女性の"感性"

林業と看護師、2人が見つけた結婚の可能性

今は林業に従事する男性との夢ある結婚を選んだ女性の視点とは?(イラスト:堀江篤史)

35歳以上で結婚した人を訪ね歩く本連載。今回は、千葉県で林業に従事している56歳男性と関西の都市部で看護師をしている49歳シングルマザーのカップルだ。

結婚願望のあった香川大輔さん(仮名)に連絡をもらい、筆者がプロフィール記事を作成してネット上に公開したのは今年3月中旬。筆者はライター業のかたわら、男女を引き合わせて結婚までをお手伝いする「お見合いおじさん」をしているのだ。

大輔さんは清潔感もコミュニケーション力もある若々しい男性で、味噌や梅干しを毎年手作りするほどの家事能力の持ち主だが、多くのお見合い申し込みは期待できなかった。

若い頃の離婚歴が問題なのではない。都会育ちだけど山や海で遊ぶことが大好きだという大輔さんは自由すぎる50代なのだ。システムエンジニアと鍼灸師を経て、今は林業の会社で新米の「木こり」として働いている。

「五感で自然を感じながら働くのは大変だけど気持ちがいい」と大輔さんは爽やかに笑うが月収は18万円。貯金はほぼない。夢は森の中で鍼灸院を開くこと。森というより夢の中を生きているような人物である。

おしゃべりで寂しがりな大輔さん。同世代の女性との再婚願望はずっとあった。しゃべり相手というパートナーが欲しいのだろう。甲斐性はないけれど愛嬌と生命力がある人物なので、その魅力ができるだけ伝わればと思っていた。

晩婚さんたちのパートナー選びの基準は…

この連載の一覧はこちら

ちょうどその頃、妻の利佐子さん(仮名)は関西の職場で新型コロナウイルスと闘っていた。月の残業100時間と忙殺される日々。一人で亡くなっていく患者を目の当たりにして、「私もいつか死ぬ。この先、どうなるのかもわからない。ならば、誰かと一緒にいることをあきらめなくていい」と強く思ったという。

利佐子さんの経歴を振り返っておきたい。筆者は35歳を過ぎて結婚する人を“晩婚さん”と呼んでいるが、その晩婚さんたちは恋愛感情だけではなく、人生経験から得た教訓によってお互いを選び合うことも多いからだ。

次ページ利佐子さんが最初の結婚をしたのは25歳のとき
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT