「年収を偽って婚活」の36歳男性が直面した事態

マッチングアプリで知り合った彼女は…

年収を偽って婚活した男性が直面した事態とは?(イラスト:堀江篤史)

自分を少しでもよく見せようと思うのは就活でも婚活でも変わらない。聞かれない限りはマイナスポイントを伝えないのは当然だが、ちょっとしたうそをついてしまう人も少なくない。相手をだまそうという気持ちではなく、「受け入れてもらいたい」という願望の結果なのだと思う。

この連載の一覧はこちら

2019年の冬に結婚した馬場伸之さん(仮名、36歳)は、転職前までは年収400万円台だったのに偽って「600~800万円」というプロフィールをマッチングアプリに記載していたと告白する。

そのアプリで知り合って交際を始めた3歳年下の愛さん(仮名)と同棲する際、不動産会社への提出書類に本当の年収を記載。愛さんにバレて、いったんは別れを告げられたという。

「それまでは年上の私のほうが立場が上で、彼女が気を遣ってくれていました。あのとき以降は立場が完全に逆転しました」

いかにもまじめそうなメガネ姿の伸之さんが露骨に意気消沈していると申し訳ないけれどユーモラスだ。今では愛さんの両親が田舎から出てきて、新婚家庭で同居中だという。自分の家なのに「マスオさん」状態。それもまた伸之さんには似合うし、うそをついて婚活をした結果ともいえる。

失恋で消極的になった異性関係

浪人をして大学に入り、大学院にも進学した伸之さん。チェーン店の運営会社に就職したときには27歳になっていた。学生時代を通して異性関係には消極的だったと振り返る。

「人並みに興味はありました。でも、好きだった女性からフラれてしまったことを引きずったりしていて一歩が踏み出せなかったのです」

そんな伸之さんを変えた出来事がある。社員として赴任していた店舗のスタッフから好意を寄せられたことだ。

「私はフランクな話し方ができません。その女性のことも名字で〇〇さんと呼んでいました。それが新鮮だったみたいです。好きなことを態度でも示してもらいました」

次ページ久々の恋愛で取り戻した男の自信
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT