結果的に「結婚していない」40歳男性が語る本音

"対等な2人"がどうしても譲れなかった線

気づけば未婚、そんな小野寺さん(仮名・40歳)の経緯とは?(写真:筆者撮影)
いつかは結婚するはずと思いながら、気づけば独身――。「仕事に生きる」「ひとりを謳歌する」と決めたわけでもなく、たまたま独身という男女は少なくありません。
結婚してもしなくても自由、そんな時代になりましたが、それでもやっぱり恋愛・結婚については、迷いも多くーー。そんな男女に、ライターの松永怜さんがその“胸の内”を聞いていきます。

芸人という夢を追い続けた男性のその後

身長170㎝のやや筋肉質、白いシャツに赤いデニムを履きこなす小野寺さん(仮名・40歳)。笑顔でテンポ良く話し、初対面ながら打ち解けやすい印象だ。

小野寺さんの経歴は少々個性的かもしれない。

高校は地元の進学校に入学するも、素行の悪さが原因で退学。フリーターになって人生を迷走していたときに、友人に誘われて芸人を目指すことになった。

芸人とバイトを掛け持ちしながらステージに上がること10数年。しかし、なかなか日の目を見ることはなく、30歳になるときにすっぱり芸人を引退し、家電メーカーに就職した。

松永怜さんが独身の男女にインタビューしていく新連載です

30歳過ぎで会社員デビューとなったが、営業成績は順調。社内恋愛をして結婚もした。しかし子どもが生まれたころから夫婦の価値観の違いを感じ、結婚生活は3年で幕を閉じることになる。33歳だった。

小野寺さんには、元妻とは別に、忘れられない女性がいる。芸人時代に同じバイト先の居酒屋で出会った女性、翔子さん(仮名)だ。同じ年の翔子さんは、明るく活発な女性で自立心が強く、小野寺さんが芸人を目指す一方、翔子さんもバイトをしながらデザイナーになるために必死に勉強していた。

当時は2人とも20歳過ぎ。縁あって交際に発展したものの、当時は恋愛よりも夢への思いが強く、気づけば3カ月程度で自然消滅してしまったという。

小野寺さんが翔子さんと再会したのは29歳の頃。

「突然連絡がきて、今アメリカにいるけど来ない?って誘いがあったんです。かなり唐突だと思ったけれど、芸人の仕事もほとんどなかったし、海外への好奇心もあって行ってみたんですよ。1週間ほど滞在しましたが、彼女はデザイナーの仕事が順調そうで、次から次へ野望を語ってテンションが高かったですね」

その時も特に復縁する流れにはならなったという。

2度目の再会は、2人が33歳のとき、SNSを通じて繋がった。しかし、2人を取り巻く状況は今までと一変していたという。

次ページ再び付き合いだした2人は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT