「相談されたい男」40代の彼が今も独身でいる理由

彼女と6年間付き合っても消えなかった不安

今回は40代前半の男性。彼には6年間付き合った彼女がいたそうですが──(写真:筆者撮影)
いつかは結婚するはずと思いながら、気づけば独身──。「仕事に生きる」「1人を謳歌する」と決めたわけでもなく、たまたま独身という男女は少なくありません。
結婚してもしなくても自由、そんな時代になりましたが、それでもやっぱり恋愛・結婚については、迷いも多く──。そんな男女に、ライターの松永怜さんがその“胸の内”を聞いていきます。

芯が通っている彼女にひかれて

親しみやすい笑顔と柔らかい物腰。今回取材に応じてくれた吉村さん(仮名・40代前半)は、身長約170㎝の中肉中背、爽やかなストライプ柄のシャツを着て登場してくれた。

松永怜さんが独身の男女にインタビューしていく連載です

吉村さんは、実家の一軒家で母親と2人暮らし。今まで実家を出るタイミングは何度かあったが、祖父や父の介護を母親に任せていたこともあって、1人暮らしの経験がないまま今に至るという。

趣味は、読書に電子ピアノ。パソコンは秋葉原でパーツをそろえ、自らパソコンを組み立てるほどハマっていた時期もあったそうだ。

仕事は、食料品を扱う業者の事務。専門学校を卒業してから約20年間、転職することなく1つの会社で働いている。

そんな吉村さんは、結婚願望はあったものの「結果的に独身」というひとり。

30代のときに6年間真剣に交際した女性と別れた後、結婚相談所に通おうか迷ったまま、今に至るという。彼女と一緒にいるだけで楽しくて、一途に1人の女性と向き合ってきたつもりだったが、最後は別々の道に進んだのはなぜか。

次ページお相手は
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT