(第22回)供給面の政策から需要喚起策へ


 しかも、旺盛な資金需要に対する資金配分は、純粋な市場メカニズムだけに従って行われたのではない。日本の金融制度には、かなりの割当的要素があった。高度成長の初期の段階で、日本銀行の一萬田尚登総裁が川崎製鉄千葉製鉄所の建設を批判した挿話は有名である。これは、都市銀行の融資に対して、日本銀行が窓口規制を通じて影響を及ぼしえたことを示している。

ケインズ経済学とは逆の世界

戦後の日本の経済学者は、輸入学問である「ケインズ経済学」を金科玉条としていた。しかし、ケインズ経済学は、成熟し需要不足が経済のネックになる1930年代のイギリス経済を対象としたものである。だから、状況が正反対である日本経済を理解できなかったのは当然のことだ。

財政についてみれば、国の一般会計は64年度まで黒字財政を続けており、そもそも新規の国債を発行していなかった。国債で財源を調達して有効需要を喚起しようというケインズ経済学とは、無縁の経済だったのだ。

65年度補正予算において戦後最初の赤字国債が発行されたことが、ケインズ経済学の実行だと解釈されることが多い。しかし、事態はまったく逆である。不況で税収が当初予算の目標値を達成できなかったため歳出を削減したのだが、それでも足りず、やむをえず国債を発行して収支尻を処理したにすぎない。需要喚起が目的でなかったことは、歳出を削減していることから明らかである。財政投融資計画においては、それまで保有していた金融債を売却して資金を調達したが、これも需要喚起策ではなく、資金不足を賄うための受動的対応にすぎなかった。

60年代までの日本経済にとって、需要喚起は必要なかった。むしろ、成長をいかにコントロールするかが経済政策の課題だったのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT