(第23回)米自動車産業の経験は日本に何を教えるか?

(第23回)米自動車産業の経験は日本に何を教えるか?

「GM(ゼネラル・モーターズ)にとってよいことは、アメリカにとってもよいことだ」

これは、アメリカの自動車メーカーGMの会長兼CEOのチャールズ・ウィルソンが、1952年にアメリカ上院軍事委員会で述べたとされる有名な言葉である(ウィルソンはアイゼンハワー政権の国防長官に任命される際に、所有する巨額のGM株の売却を求められた。そして、「GMの利益に反する決定を国防長官として行わなければならない場合に、そうするか?」との質問に対してYesと答え、さらに、「そうした事態が起こるとは考えられない。なぜなら、アメリカにとって望ましいことはGMにとっても望ましく、また逆も真であるからだ」と述べたのである)。

「特定産業の利益と国全体の利益が合致する」と主張される事態(正確に言えば、その理由によって経済政策の方向が左右されるという事態)は、資本主義経済では、別に珍しいことではない。

19世紀のアメリカでは、大陸横断鉄道を建設する鉄道会社がそうした立場にあった。20世紀に自動車の時代が始まってからは、石油会社の利益がアメリカ全体の利益と合致するとされるようになった。

ガソリンに対してはどこの国も高率のガソリン税を課しているが、アメリカの税率は、極めて低い(ヨーロッパの多くの国の税率が個別間接税だけで40%台であるのに対して、アメリカの税率はわずか17・3%である)。それによって自動車の利用を促進することが目的だ。その状態は、現在に至るまで変わらない。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。