中国の“低賃金”は終わりつつあるのか--リチャード・カッツ

中国経済は大きな転換点に差しかかっているのかもしれない。ホンダや台湾企業のフォックスコン、そして、中国の多くの主要企業で起こったストライキは、マッチのように燃え上がったが急激に消えてしまった。しかし、労働者が労組を結成し、賃上げを求め続けるならば、今後も注意を要する。

政治的な面では、労働者が中国共産党支配の中華全国総工会(中国の労組の全国連合組織)から決別することを意味する。それは、1980年代末に韓国で起こったストライキと同じように、中国の民主化にとっても重要な動きとなるだろう。

経済的な面では、中国のGDPに占める賃金のシェアの長期的な低下が逆転することを意味する。問題は、25%から30%の賃上げが一部の大手輸出企業を超えて一般企業に広がるかどうかだ。

世界銀行によると、中国ではGDPに占める賃金のシェアは83年の56%から2005年には37%まで低下している。特に過去10年は下落幅が大きい。経済学者のニコラス・ラーディによると、修正された統計ではシェアの低下はより小幅だったが、低下自体は現在でも続いているという。

こうした傾向は中国に限ったものではない。急激に開発が進んだ他の国でも同様だ。たとえば、日本では国民所得に占める農家と労働者の合計所得のシェアは、55年の73%から70年には55%にまで低下した。経済成長が始まると、賃金は急速に上昇するが、GDPの伸びほどではない。他方、企業の利潤はGDPの成長率よりも早く増え、利潤はさらに急速な成長を促進するための投資資金に充当される。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT