100円寿司と高級店、1つだけある「同じネタ」

ヤバい「1万円高級寿司」の裏側【中編】

河岸:寿司は、君の食べたいものを頼みなよ。

N君:(職人さんに向かって)じゃあ、マグロとサーモンと玉子をお願いします。マグロはトロと赤身、両方で。

河岸:いかにも回転寿司っぽいラインナップだね(苦笑)。

寿司は手で食べるのがマナー

N君:読者の人に身近なネタを選んでるんですよ(笑)。サーモンなんて好きな人が多いですからね、僕もいつも頼みますし。あっ、まずはマグロから来ました。あれぇ? 寿司を手で食べるんですか? 河岸さんこそ、なんかちょっと下品ですね(笑)。

河岸:何を言っているの、寿司は本来、手で食べるのがマナーなの。そもそも職人が素手で握ったものを食べるわけでしょ。それに、寿司は手が食べたほうがおいしく食べられるの。

N君:えっ? 寿司は箸よりも手が食べたほうがおいしいんですか?

河岸:そのとおり。寿司をこうやって手で持って、上下にひっくり返して、ネタに醤油をちょっとつけて、そのまま口に持っていくの。そのとき「ネタが舌に当たるように」食べるのがポイント。同じことを箸でやると、ネタがはがれたりして、うまく食べられないでしょう。だから手で食べるの。

N君:知らなかったなぁ。ちょっとやってみよう。

河岸:寿司の向こう側を持って、手前にひっくり返して醤油を少しつける。あー、そんなにドボッとつけちゃダメだよ。魚のおいしさが醤油でわからなくなる。醤油はちょっとつけるだけ。醤油を食べに来てるんじゃないんだから。

N君:確かに「醤油を食べに来ているわけではない」のは、そのとおりですね(苦笑)。こ、こうですか?

河岸:そうそう。そうやって食べるのと、箸で持ってシャリに醤油をつけて食べるのとでは、全然おいしさが違うでしょ。

N君:ホントだ、確かに違う気がします! 「寿司は手で持ってネタに醤油をつけて、ネタを下にして舌に当てるように食べる」のだったら、100円回転寿司でもどこでもできますよね。

河岸:もちろん。それが寿司をいちばんおいしく味わえる食べ方なの。回転寿司に行ったときにも、ぜひそうやって食べてみてほしい。「おいしい部分を舌に当てながら食べる」というのは食べ方の基本だから。

N君:なるほど。この辺の説明は、イラストで解説したほうがわかりやすいので、次回作の本にまとめるときは、イラスト付きでさらにわかりやすく説明しましょう!

次ページマグロの赤身が感動のおいしさ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT