100円寿司と高級店、1つだけある「同じネタ」

ヤバい「1万円高級寿司」の裏側【中編】

河岸:寿司は、君の食べたいものを頼みなよ。

N君:(職人さんに向かって)じゃあ、マグロとサーモンと玉子をお願いします。マグロはトロと赤身、両方で。

河岸:いかにも回転寿司っぽいラインナップだね(苦笑)。

寿司は手で食べるのがマナー

N君:読者の人に身近なネタを選んでるんですよ(笑)。サーモンなんて好きな人が多いですからね、僕もいつも頼みますし。あっ、まずはマグロから来ました。あれぇ? 寿司を手で食べるんですか? 河岸さんこそ、なんかちょっと下品ですね(笑)。

河岸:何を言っているの、寿司は本来、手で食べるのがマナーなの。そもそも職人が素手で握ったものを食べるわけでしょ。それに、寿司は手が食べたほうがおいしく食べられるの。

N君:えっ? 寿司は箸よりも手が食べたほうがおいしいんですか?

河岸:そのとおり。寿司をこうやって手で持って、上下にひっくり返して、ネタに醤油をちょっとつけて、そのまま口に持っていくの。そのとき「ネタが舌に当たるように」食べるのがポイント。同じことを箸でやると、ネタがはがれたりして、うまく食べられないでしょう。だから手で食べるの。

N君:知らなかったなぁ。ちょっとやってみよう。

河岸:寿司の向こう側を持って、手前にひっくり返して醤油を少しつける。あー、そんなにドボッとつけちゃダメだよ。魚のおいしさが醤油でわからなくなる。醤油はちょっとつけるだけ。醤油を食べに来てるんじゃないんだから。

N君:確かに「醤油を食べに来ているわけではない」のは、そのとおりですね(苦笑)。こ、こうですか?

河岸:そうそう。そうやって食べるのと、箸で持ってシャリに醤油をつけて食べるのとでは、全然おいしさが違うでしょ。

N君:ホントだ、確かに違う気がします! 「寿司は手で持ってネタに醤油をつけて、ネタを下にして舌に当てるように食べる」のだったら、100円回転寿司でもどこでもできますよね。

河岸:もちろん。それが寿司をいちばんおいしく味わえる食べ方なの。回転寿司に行ったときにも、ぜひそうやって食べてみてほしい。「おいしい部分を舌に当てながら食べる」というのは食べ方の基本だから。

N君:なるほど。この辺の説明は、イラストで解説したほうがわかりやすいので、次回作の本にまとめるときは、イラスト付きでさらにわかりやすく説明しましょう!

次ページマグロの赤身が感動のおいしさ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。