orange→オランゲ…スペルは気にするな!

日本の英語教育を変えるキーマン 斉藤淳(1)

安河内:斉藤先生も同じ思いをされたと思うんですけど、われわれのいた52Aクラスにも、何人かは帰国子女みたいな感じの人がいませんでしたか。

斉藤:いましたねぇ。

帰国子女と標準語の衝撃

安河内:私なんかは、そういう人たちが最初の自己紹介のときに、めちゃくちゃキレイな英語でドバーっとやった瞬間に固まっちゃったんですよ。

斉藤:凹んじゃうというかね。

安河内:舌がもう喉の奥に、くるんくるんっと詰まってしまって、自分の順番になっても英語どころか言葉も何も出てこなくなりましたよ。そういう経験されましたか。

斉藤:僕は……なんと言えばいいんでしょう。田舎で育って公立の高校に通って、上智大学を受けたんですけど。とりあえず、当時、町にひとりかふたりいるネイティブ・スピーカーを捕まえて、一緒に映画を見に行ったりだとか、そんなかんじだったんですよ。

安河内:えーっ! 高校生のときから?

斉藤:高校1年生のときから。

安河内:わお! そうですか!

斉藤:田舎だから自分で何かしないと、どうにもならない。安河内先生は福岡県出身ですよね。

安河内:私は、福岡のもうバリバリの田舎の公立高校でした。やっぱり東京に出てきたときに、東京の言葉も話せないし。英語以前のことなんですよね。

斉藤:そう、それが強いですよね! そっちのほうが英語より怖かったですよねぇ。田舎出身というのが、どこかで出て、白い目で見られるんじゃないかという……。

安河内:上智大学って良家の子女も多かったですから。

斉藤:多かった。

安河内:言葉がなまっていたりすると、不思議な顔をされたりするのが驚きというか、正直に言うとショックでしたねぇ。

斉藤:帰国子女が怖いというよりも、僕はむしろ東京の人たちが怖かったですねぇ。

安河内:確かにねぇ。

斉藤:外国語というと少しくらい発音が下手でも、なんというか、向こうの言葉だから「まぁ、いいっか」というか。逆に標準語が怖かったという感じですかね。

次ページ英語の授業で、罰金を取られた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT